猪木武徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「猪木武德」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
猪木 武德
文化功労者顕彰に際して
公表された肖像写真
生誕 (1945-09-22) 1945年9月22日(74歳)
日本の旗 滋賀県
国籍 日本の旗 日本
研究機関 大阪大学
国際日本文化研究センター
青山学院大学
研究分野 労働経済学
経済思想
経済史
母校 京都大学経済学部卒業
マサチューセッツ工科大学
大学院修了
学位 Ph.D., Economics
(マサチューセッツ工科大学
1974年
博士課程
指導教員
チャールズ・キンドルバーガー[1]
受賞 日経・経済図書文化賞1987年
サントリー学芸賞(1987年)
大平正芳記念賞1988年
石橋湛山賞1998年
読売・吉野作造賞2002年
桑原武夫学芸賞2004年
テンプレートを表示

猪木 武德(いのき たけのり、1945年9月22日[2] - )は、日本経済学者労働経済学経済思想経済史)。勲等瑞宝中綬章学位Ph.D., Economicsマサチューセッツ工科大学1974年)。大阪大学名誉教授国際日本文化研究センター名誉教授、文化功労者。名の「德」にはJIS X 0208のコードが割り当てられていないため、新字体猪木 武徳(いのき たけのり)とも表記される。

大阪大学経済学部教授、大阪大学経済学部学部長、国際日本文化研究センター教授、国際日本文化研究センター所長青山学院大学国際政治経済学部特任教授などを歴任した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

滋賀県出身[2]。父は、政治学者猪木正道[2]京都大学経済学部卒業。米国マサチューセッツ工科大学大学院修了。

経済学者として[編集]

大阪大学経済学部教授[2]学部長[2]を経て、2002年より国際日本文化研究センター教授[2]2008年、同所長[2]日本学術会議会員。2007年から2008年まで、日本経済学会会長も務めた。2012年3月末を以て、日文研所長を退任、同名誉教授。同年4月から2016年3月まで青山学院大学国際政治経済学部特任教授を務めた。2016年1月に、皇居での「講書始」で「技術と労働と生産性の関係について」を進講。2019年、瑞宝中綬章受章[3]

人物[編集]

本名は「猪木 武德」であり、文化功労者顕彰に際しての文部科学省の発表でも「武德」と表記されている。ただ、名の「德」はJIS X 0208のコードが割り当てられていない文字であるため、新字体の「徳」で代用して「猪木 武徳」と表記される場合も多い。

賞歴[編集]

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済思想』(岩波書店、1987年)
  • 『新しい産業社会の条件――競争・協調・産業民主主義』(岩波書店、1993年)
  • 『20世紀の日本 (7) 学校と工場―日本の人的資源』(読売新聞社、1996年)、北岡伸一御厨貴と編集委員(全12巻)
  • 『デモクラシーと市場の論理』(東洋経済新報社、1997年)
  • 『日本の近代 (7) 経済成長の果実 1955-1972』(中央公論新社、2000年/中公文庫、2013年)、伊藤隆・北岡伸一・御厨貴と編集委員(全16巻)
  • 『自由と秩序――競争社会の二つの顔』(中央公論新社〈中公叢書〉、2001年/中公文庫、2015年)、解説宇野重規
  • 『文芸にあらわれた日本の近代――社会科学と文学のあいだ』(有斐閣、2004年)
  • 『日本の現代 (11) 大学の反省』(NTT出版、2009年)
  • 『戦後世界経済史 自由と平等の視点から』(中公新書、2009年)
  • 『公智と実学』(慶應義塾大学出版会、2012年)
  • 『経済学に何ができるか 文明社会の制度的枠組み』(中公新書、2012年)
  • 『自由の思想史 市場とデモクラシーは擁護できるか』(新潮選書、2016年)
  • 叢書・知を究める 自由の条件 スミス・トクヴィル・福澤諭吉の思想的系譜』(ミネルヴァ書房、2016年)
  • 『デモクラシーの宿命 歴史に何を学ぶのか』(中央公論新社、2019年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『戦間期日本の社会集団とネットワーク――デモクラシーと中間団体』(NTT出版、2008年)
  • 『<働く>はこれから 成熟社会の労働を考える』(岩波書店、2014年)

共編著[編集]

  • 小池和男)『人材形成の国際比較―東南アジアと日本』(東洋経済新報社、1987年)
  • 安場保吉)『日本経済史(8)高度成長』(岩波書店、1989年)
  • (鴇田忠彦・藪下史郎)『入門・経済学』(有斐閣、1990年)
  • (連合総合生活開発研究所)『「転職」の経済学――適職選択と人材育成』(東洋経済新報社、2001年)
  • 大竹文雄)『雇用政策の経済分析』(東京大学出版会、2001年)
  • (小池和男)『ホワイトカラーの人材形成――日米英独の比較』(東洋経済新報社、2002年)
  • 小松和彦白幡洋三郎瀧井一博)『新・日本学誕生―国際日本文化研究センターの25年』(角川学芸出版、2012年)
  • (マルクス・リュッターマン)『近代日本の公と私、官と民』(NTT出版、2014年)

訳書[編集]


脚注[編集]

  1. ^ Inoki, Takenori (1974年). Aspects of German peasant emigration to the United States 1815-1914: a reexamination of some behavioral hypotheses in migration theory (Ph. D. thesis). MIT.. http://library.mit.edu/item/000688399 2017年4月3日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g デジタル版 日本人名大辞典+Plus『猪木武徳』 - コトバンク
  3. ^ 『官報』号外第14号、令和元年5月21日
  4. ^ 受賞作品一覧 潮出版社
  5. ^ 2017年3月に、英文版『学校と工場-二十世紀日本の日本の人的資源』(トニー・ゴンザレス訳、出版文化産業振興財団)が出版。

関連項目[編集]

  • 猪木武徳[リンク切れ] - 国際日本文化研究センター内のページ
  • 猪木武徳 - 東京財団仮想制度研究所内のページ
  • 猪木武徳- 国際日本文化研究交流財団内のページ