猫と庄造と二人のをんな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
猫と庄造と二人のをんな
訳題 A Cat, A Man, and Two Women
作者 谷崎潤一郎
日本の旗 日本
言語 日本語
ジャンル 長編小説
発表形態 雑誌掲載
初出情報
初出改造1936年1月号・7月号
刊本情報
出版元 創元社
出版年月日 1937年7月
装幀 安井曾太郎(挿絵と兼務)
id NCID BN15897143
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

猫と庄造と二人のをんな』(ねことしょうぞうとふたりのおんな)は、谷崎潤一郎長編小説のリリーを中心に、2人の女と1人の男の三角関係を描いた物語。

1936年(昭和11年)、雑誌『改造』1月号と7月号に掲載された[1][2]。単行本は1937年(昭和12年)7月に創元社より刊行された[3]

あらすじ[編集]

庄造の前妻・品子は現在の妻・福子に対し、雌のリリーを譲って欲しいという手紙を出した。福子は夫の庄造に「譲ってあげなさい」と言うが、彼にはそういう意志は無い。福子は自分以上にリリーが夫に大事にされている状況に耐えられなかったのだ。夫婦喧嘩の末に庄造は猫を品子に譲る事に同意する。

リリーは以前にも他人に譲られた事があったが、その時も自らの意志で庄造のもとに戻って来たので、彼は今回もそうなるだろうと期待していた。リリーが品子の所に移って、庄造は雌猫を思い出しては懐かしんだ。品子のもとに到着したばかりのリリーは品子になつかず、彼女の思った通りに動いてくれない。猫の面倒を診る事がこんなに大変だとは彼女にしてみれば予想外だった。しかし次第に両者ともに打ち解け合い、品子は猫とはこんなにもかわいいものかと思い始める。庄造はリリーが恋しくてたまらず品子の留守中にこっそりと家を訪ねる。虐められていやしないかと心配していたが、意外にもリリーが大切に飼われている痕跡を見つけ安堵する。リリーと久しぶりに会ったのもつかの間、品子が帰宅し、庄造は見つからないよう慌てて家を後にする。

登場人物[編集]

リリー
庄造が溺愛している雌猫。
庄造
荒物屋。仕事に対するやる気が無い。
福子
庄造の妻。2人は、いとこ同士に当たる。夫を雌猫のリリーに奪われているという理由でリリーに嫉妬している。
品子
庄造の前妻。姑のおりんによって追い出された。
おりん
庄造の母親。彼を自分の意のままに操っている。品子とは仲が悪かった。

映画化[編集]

1956年公開。製作は東京映画、配給は東宝。キネマ旬報ベストテン第4位。

かつて会員制ビデオ販売機構キネマ倶楽部から「日本映画傑作全集」としてVHSが発売されていた。

スタッフ
キャスト

テレビドラマ化[編集]

フジテレビ系列 一千万人の劇場
前番組 番組名 次番組
幸せを三人前
(1964年7月8日)
猫と庄造と二人の女
(1964年版)
(1964年7月15日)
ある母の記録
(1964年7月22日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「古典回帰の時代」(アルバム谷崎 1985, pp. 65-77)
  2. ^ 「谷崎潤一郎年譜」(夢ムック 2015, pp. 262-271)
  3. ^ 「主要著作目録」(アルバム谷崎 1985, p. 111)

参考文献[編集]

  • 谷崎潤一郎 『猫と庄造と二人のおんな』(改版) 新潮文庫、2012年6月。ISBN 978-4-10-100505-8。  初版1951年8月
  • 笠原伸夫編 『新潮日本文学アルバム7 谷崎潤一郎』 新潮社、1985年1月。ISBN 978-4-10-620607-8。 
  • 文藝別冊 谷崎潤一郎――没後五十年、文学の奇蹟』 河出書房新社〈KAWADE夢ムック〉、2015年2月。ISBN 978-4309978550。