猫と裁判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

猫と裁判』(ねことさいばん)は、2014年に初演された日本の演劇。俳優による朗読によって進行する朗読劇である。野村桔梗の小説『その猫に何が起こったか?』を原作とし、法廷を舞台とする内容に翻案されている[1]

あらすじ[編集]

どこにでもいる平凡な女性がある日突然、猟奇的な殺人を起こした。「平成の阿部定」等とも騒がれるようになる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

その他:太田基裕小谷嘉一、山川ありそ、さいださだこ、安藤ヒロキオ

脚注[編集]