猫はワンワン犬はニャーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

猫はワンワン犬はニャーオ』(原題:Switchin' Kitten)はトムとジェリーの短編作品の一つ。1961年9月7日公開。4:3標準サイズで製作された。シリーズ通算115作目でありジーン・ダイッチ期1作目である。

ジーン・ダイッチ(Gene Deitch)演出による最初の作品であり、「トムとジェリー」としては3年ぶりに製作された短編作品となった。

概要[編集]

ある猛烈な嵐の夜。道中ではぐれたトムは1軒の城に辿り着いた。しかしその城はマッドサイエンティストの研究所であった。科学者は助手のジェリーが指名した、赤猫ブルドッグの魂を入れ替える実験に成功していた。

実験室に着いたトムはジェリーを発見、さっそく捕まえようと企んだが、赤猫に妨害されてしまう。赤猫はブルドッグの魂を持っている為、ジェリーになつき、骨をしゃぶり、トムがジェリーに接近しようとするとトムに吼えまくる始末。気が狂いそうになったトムは研究所内で助けを求めようと他の動物と顔を合わすが、彼らもまた科学者の実験の犠牲となっており、カナリヤの、先述のブルドッグが猫の、カナリヤがの鳴き声で返答した。

そして、とどめにはジェリーが作品配給元のMGMのオープニングタイトル「レオ・ザ・ライオン」の如く「ガオー」と吼える。

半ば狂猫と化したトムは、とうとう研究所から逃げ出してしまった。

日本でのテレビ放映[編集]

  • TBS系および他系列で1964年1990年頃まで時折放映された。
    • その際の吹き替えでは、先述の「レオ・ザ・ライオン」のシーンは吹替版に合わせ「にゃおー」に改変されていた。
  • 現在放送中のカートゥーンネットワークでは、本作は放映されていない(精神障害や動物実験の描写があるため)。

関連項目[編集]