献血カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
献血カードの表面。

献血カード(けんけつカード)とは、日本国内において献血をする際に、本人確認と献血記録をするのに使用されるカードである。

概要[編集]

日本赤十字社2006年9月まで献血の際に献血手帳を使用していたが、献血者の本人確認と個人情報の管理を厳格に行うため、10月からそれに替わり、献血カードを導入した[1]

仕様[編集]

献血カードの裏面。
  • 大きさは、5.4cm × 8.56cm。これは日本の運転免許証と同じサイズである。
  • 表面には「献血カード」と「日本赤十字社」の表記がある。
  • 裏面には名前や献血記録が印字してあり、印字は毎回書き換える(リライト)ことができる。
  • 印字情報は上段から、献血者コード、献血者の姓(カタカナ)、献血者の名(カタカナ)、献血回数と血液型、直近3回分の献血履歴、献血方法別の次回献血可能日、最新の表彰・顕彰の記録、最新の献血センター名、最新の献血センターの電話番号。
    • 献血者コード:2桁+8桁の番号(前の2桁は献血者登録した(1回目に献血をした)都道府県を表し(例:「01」は東京都、「04」は北海道)、後ろの8桁は個人を特定する。)
    • 血液型ABO式Rh式
    • 献血履歴:(左から)献血年月日、献血方法、採血センター名、本人確認区分(1-3の数字で表されており、「1」は免許証やパスポートなど公的機関が発行するもので本人確認をした場合、「2」は学生証や社員証などで本人確認をした場合、「3」は本人確認ができなかった場合)[2]
    • 献血方法別の次回献血可能日:献血が年齢や体重によってできない方法の欄には「××××××」と表示される。たとえば体重が45kg以上50kg未満の男性は200ml献血と成分献血はできるが、400ml献血ができないため、400ml献血の欄は「××××××」と表示される。
    • 最新の表彰・顕彰の記録:(左から)表彰センターコード、表彰名、表彰年月日

カードの磁気情報[編集]

カードには磁気情報で漢字表記での氏名、住所、電話番号、体重、献血記録と、献血カードを作る際に登録した暗証番号が記録されており、血液センターや献血ルーム、献血バスに設置してある、専用の端末でしか磁気情報を見ることはできない。2回目以降の献血では、専用端末に献血者が4桁の暗証番号を入力することにより本人確認をする。もし、暗証番号を間違えても何度でも入力しなおすことができ、番号を忘れてしまっても身分証などで本人確認ができれば献血ができ、暗証番号も再設定できる。

献血カード導入によるメリット[編集]

  • 4桁の暗証番号を磁気情報としてカード内に保有し、暗証番号の入力を献血者に求めることで本人確認を毎回スムーズにできるようになった。
  • 献血手帳よりもサイズが小さくなったので携帯しやすくなり、また、プラスチック製となったことで耐久性が高まった。
  • 次回献血可能日を表示することができ、献血者は自分はいつから献血できるようになるのかを確認できるようになった。
  • 個人情報はカタカナによる氏名しか表示しないようになった。

献血カードの歴史[編集]

  • 1998年:北海道で献血カードの使用が始まるが、現在のものとは仕様が違い、暗証番号は設定されていなかった。
  • 2006年8月:札幌、山梨、岡山の各血液センターで先行導入した。
  • 2006年10月:その他の血液センターで献血カードへ移行した。
  • 2011年10月3日:献血メール会員には、黒地に世界地図が描かれたカードか、赤地にけんけつちゃんが描かれたカードに換えることができるようになった[3]

備考[編集]

現在は血液センター・献血ルームなどで、ほとんど使われていないが、「愛-Ca(アイカ)」という愛称がついている。

脚注[編集]

  1. ^ 「献血手帳」は「献血カード」に替わりました! 東京都赤十字血液センター
  2. ^ 3回本人確認ができない場合、献血は拒否される
  3. ^ 新しいデザインの献血カードが追加されます!!【複数回献血くらぶ会員限定】 千葉県赤十字血液センター、2011年9月21日