献血カード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
献血カードの表面。

献血カード(けんけつカード)とは、日本国内の献血で、本人確認と献血履歴の記録に用いるカードである。

概要[編集]

日本赤十字社2006年9月まで献血の際に献血手帳を使用していたが、献血者の本人確認と個人情報の管理を厳格化して10月から献血カードを導入した[1]

仕様[編集]

献血カードの裏面。
  • 大きさは5.4センチメートル (cm) × 8.56cmで、日本の運転免許証と同じである。
  • 表面に「献血カード」と「日本赤十字社」の表記がある。
  • 裏面には名前や献血記録が印字してあり、印字は毎回書き換え(リライト)が可能である。
  • 印字情報は上段から、献血者コード、献血者の姓(カタカナ)、献血者の名(カタカナ)、献血回数と血液型、直近3回分の献血履歴、献血方法別の次回献血可能日、最新の表彰と顕彰の記録、最新の献血センター名と電話番号。
    • 献血者コード:2桁+8桁。前2桁は1回目の献血時に献血者登録した都道府県コード(「01」は東京都、「04」は北海道など)、後8桁は個人識別番号である。
    • 血液型ABO式Rh式
    • 献血履歴:(左から)献血年月日、献血方法、採血センター名、本人確認区分(1 - 3の数字で記され、「1」は免許証やパスポートなど公的機関が発行するもので本人確認済、「2」は学生証や社員証などで本人確認済、「3」は本人確認ができなかった場合[2]。)
    • 献血方法別の次回献血可能日:献血が年齢や体重によってできない方法の欄には「××××××」と表示される。体重が45キログラム (kg) 以上50kg未満の男性は200ミリリットル (ml) 献血と成分献血はできるが、400ml献血ができないため、400ml献血の欄は「××××××」と表示される。
    • 最新の表彰・顕彰の記録:(左から)表彰センターコード、表彰名、表彰年月日

カードの磁気情報[編集]

カードは磁気情報で氏名、住所、電話番号、体重、献血記録と、献血カード作成時に登録した暗証番号が記録されており、血液センターや献血ルーム、献血バスに設置する専用の端末機器のみで確認可能である。2回目以降の献血では、献血者自身が4桁の暗証番号を専用端末機に入力して本人確認する。暗証番号忘却時も身分証などで再度本人と確認すれば、献血可能で暗証番号も再設定可能である。

献血カード導入による利点[編集]

  • 4桁の暗証番号を磁気情報でカード内に保有しており、応需の都度献血者の入力により本人確認が円滑になる。
  • 献血手帳よりもサイズが小さく携帯が容易で、プラスチック製で耐久性が高まった。
  • 次回献血可能日を表示し、献血者が自ら確認可能となった。
  • 個人情報は、氏名のカタカナ表示のみとなった。

献血カードの歴史[編集]

  • 1998年:北海道で献血カードの使用が始まるが、暗証番号は設定されていなかった。
  • 2006年8月:札幌、山梨、岡山の各血液センターで先行導入した。
  • 2006年10月:その他の血液センターで献血カードへ移行した。
  • 2011年10月3日:複数回献血クラブ(ラブラッド)会員は、黒地に世界地図が描かれたカードか、赤地にけんけつちゃんが描かれたカードが選択可能となった[3]

備考[編集]

現在ほとんど用いられていないが、「愛-Ca(アイカ)」の愛称がある。

脚注[編集]

  1. ^ 「献血手帳」は「献血カード」に替わりました! 東京都赤十字血液センター
  2. ^ 3回本人確認ができない場合、献血は拒否される
  3. ^ 新しいデザインの献血カードが追加されます!!【複数回献血くらぶ会員限定】 千葉県赤十字血液センター、2011年9月21日