猿払駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
猿払駅
さるふつ
Sarufutsu
浅茅野 (6.2km)
(4.8km) 芦野
所在地 北海道宗谷郡猿払村字猿払
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 天北線
キロ程 82.9km(音威子府起点)
電報略号 サフ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1920年大正9年)11月1日
廃止年月日 1989年平成元年)5月1日
備考 天北線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示
1977年の猿払駅と周囲約500m範囲。上が南稚内方面。相対式ホーム2面2線、駅裏に副本線、駅舎横の浜頓別側に貨物ホームと引込み線をもつ。貨物ホーム側に木材が野積みされているが、駅裏のストックヤードは使用されていない。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

猿払駅(さるふつえき)は、北海道宗谷支庁宗谷郡猿払村字猿払にかつて設置されていた、北海道旅客鉄道(JR北海道)天北線廃駅)である。電報略号サフ。天北線の廃線に伴い、1989年(平成元年)5月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

廃止時点で、1面1線の単式ホームを有する地上駅であった。ホームは、線路の東側(南稚内方面に向かって右手側、旧1番線)に存在した。かつては、単式ホーム・島式ホーム(片面使用)を複合した計2面2線のホームと線路を有する、列車交換が可能な交換駅であった[1]。互いのホームは、駅舎側ホーム中央と島式ホーム北側を結んだ構内踏切で連絡した[1]。駅舎側(東側)が上りの1番線、島式ホーム(西側)が下りの2番線となっていた。島式ホームの外側に1線を側線として有しており、その他1番線の音威子府方から分岐し駅舎南側の切欠き部分の貨物ホームへの貨物側線を1線有していた[1]

無人駅となっていたが、有人駅時代の木造駅舎が残っていた。駅舎は構内の東側に位置し、ホーム中央部分に接していた。

駅名の由来[編集]

当駅が所在した地名より。地名は、アイヌ語の「サル・プツ」(原の川口)に由来する。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日当たりの乗降客数は41人[1]

駅周辺[編集]

村名と同名の駅であったが、村の中心部には位置していない。周囲は酪農地帯であった[1]

歴史[編集]

駅跡[編集]

2001年(平成13年)時点で、駅跡地には鉄道関連施設は何も残っていない[3]2010年(平成22年)時点[4]2011年(平成23年)時点でも同様であった[5]。バス待合室があるのみである。

駅名標の枠から取り外された駅名表示部分は、鬼志別駅跡に建築された「鬼志別バスターミナル」1階の天北線の資料展示室に保存・展示されている[5]

また、周辺の線路跡は、浜頓別駅跡から当駅跡までは「北オホーツクサイクリングロード」に[3]、当駅跡から鬼志別駅跡までは北海道道1089号猿払鬼志別線にそれぞれ転用されている[4]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
天北線
浅茅野駅 - 猿払駅 - 芦野駅

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』 宮脇俊三原田勝正小学館、1983年7月、190頁。ISBN 978-4093951012。
  2. ^ a b 『北海道道路地図 改訂版』 地勢堂、1980年3月、17頁。
  3. ^ a b 『鉄道廃線跡を歩くVIII』 宮脇俊三、JTBパブリッシングJTBキャンブックス〉、2001年7月、42頁。ISBN 978-4533039072。
  4. ^ a b 『新 鉄道廃線跡を歩く1 北海道・北東北編』 今尾恵介、JTBパブリッシング、2010年3月、18頁。ISBN 978-4533078583。
  5. ^ a b 本久公洋 『北海道の鉄道廃線跡』 北海道新聞社、2011年9月、250-251頁。ISBN 978-4894536128。

関連項目[編集]