猿投グリーンロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
有料
Japanese Route Sign Number 6.svg
愛知県道6号標識
猿投グリーンロード
路線延長 13.1 km
開通年 1972年
起点 愛知県豊田市八草町
終点 愛知県豊田市力石町
接続する
主な道路
(記法)
記事参照
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

猿投グリーンロード(さなげグリーンロード)は、愛知県豊田市から長久手市を経由し、名古屋市名東区東名高速道路名古屋ICに至る延長約20.6 kmの道路である[1][2][注釈 1]

このうち、豊田市八草町(八草インターチェンジ)を起点とし、同市力石町(力石インターチェンジ)を終点とする延長13.1 kmの区間が一般有料道路区間となっており、狭義にはこの有料区間を指す。道路管理者は愛知道路コンセッション[3]

有料区間は全線が愛知県道6号力石名古屋線の一部である。無料区間は、八草ICから長久手市の杁ヶ池交差点までが県道6号、同交差点以西が愛知県道60号名古屋長久手線となる。道路名称の案内標識は設置されていないが、無料区間(主に長久手市内)においても「グリーンロード」の通称で呼ばれることが多い。

本項では、主に有料区間について記述する。

概要[編集]

起点・終点を除く7つのインターチェンジの内、5つが八草インターチェンジ(IC)方面へのハーフインターチェンジとなっている。 全料金所ETCに対応している。「軽車両等」の料金区分で、原動機付自転車も利用できる。また、トンネル区間(八草方面の車線)を除いた全区間には歩道が設置されており自転車歩行者無料で利用できる。

なお、八草IC - 八草東IC間および枝下IC - 力石IC間は車種に関わらず無料となっている。また、22時から翌日6時までは全区間で無料となる。

インターチェンジなど[編集]

IC番号 施設名 接続路線名 起点から
km
備考
1 八草IC 国道155号
愛知県道6号力石名古屋線(グリーンロード)
0.0
2 八草東IC 愛知県道523号広久手八草線 0.8 八草方面出入口
- 八草TB 本線料金所
3 加納IC 6.7 八草方面出入口
4 猿投IC 愛知県道349号深見亀首線 7.6 八草方面出入口
5 猿投東IC 愛知県道・岐阜県道13号豊田多治見線 7.9 八草方面出入口
6 中山IC 国道419号
C3東海環状自動車道豊田藤岡IC
9.0
- 西広瀬PA - 10.7
- 西広瀬TB 本線料金所
7 西広瀬IC 10.9 八草方面出入口
8 枝下IC 愛知県道・岐阜県道11号豊田明智線 11.7
9 力石IC 国道153号飯田街道 13.1

沿革[編集]

  • 1972年4月:八草IC - 力石ICで開通。
  • 2001年8月7日:加納ICと猿投トンネルが完成・供用開始。
  • 2004年3月22日:八草IC - 中山ICが4車線化。
  • 2005年:八草東ICと猿投東ICが完成・供用開始。
  • 2016年8月31日:愛知道路コンセッション(民間事業者)が愛知県道路公社と公共施設等運営権実施契約を締結[3]
  • 2016年10月1日:愛知道路コンセッションによる有料道路の運営開始。

路線状況[編集]

車線[編集]

区間 車線
上下線=上り線+下り線
八草IC - 中山IC 4=2+2
中山IC - 力石IC 2=1+1

主なトンネル[編集]

  • 猿投トンネル(八草東IC - 加納IC)
    • 猿投トンネルは八草方面にしかなく力石方面にはない。

トンネルの数[編集]

区間 上り線 下り線
八草IC - 八草東IC 0 0
八草東IC - 加納IC 1 0
加納IC - 猿投IC 0 0
猿投IC - 猿投東IC 0 0
猿投東IC - 中山IC 0 0
中山IC - 西広瀬PA 0 0
西広瀬PA - 西広瀬IC 0 0
西広瀬IC - 枝下IC 0 0
枝下IC - 力石IC 0 0
合計 1 0

通行料金[編集]

括弧内はその車両区分に含まれる代表的な車種を示している。

  • 八草IC - 中山IC
  • 中山IC - 力石IC
    • 普通車:100円
    • 中型車:150円
    • 大型車:210円
    • 特大車:360円
    • 軽自動車等:100円
    • 軽車両等:20円

地理[編集]

通過する自治体[編集]

接続する高速道路[編集]

その他[編集]

  • 夜間、交通量が少なくなる時間帯になると走り屋、ローリング族が集まるため、周囲から騒音の苦情がでていたこと、また2018年1月から12月6日までの間、物損事故58件、人身事故3件が起きる事故が多発する傾向が見られたことから、愛知県警察は2018年12月7日より可搬式の自動速度違反取締装置による取り締まりを始めた[4]
  • 長久手市で「グリーンロード」と呼ばれている区間のうち、長久手インター交差点 - 陶磁資料館南駅付近と、杁ヶ池交差点以西(県道60号)[注釈 2]電線が地中化されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ なお、大久田東交差点(名古屋市名東区・長久手市) - 名古屋ICの間は「東山通」とも呼ばれる区間である。
  2. ^ さらに西へ向かった東山通広小路通も、名東区の姫若交差点 - 本郷交差点の東行を除いて電線が地中化されている。

出典

  1. ^ 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年、614頁。
  2. ^ 林董一監修『豊明・日進・東郷・長久手今昔写真集』樹林舎、2010年、47頁。
  3. ^ a b “愛知県有料道路運営等事業 公共施設等運営権実施契約の主な内容” (プレスリリース), 愛知県道路公社, (2016年8月31日), http://www.aichi-dourokousha.or.jp/wp-content/uploads/2016/08/2-gaiyou-shuusei.pdf 2016年9月9日閲覧。 
  4. ^ 「走り屋」対策、持ち運び式の新型オービス導入”. 朝日新聞 (2018年12月9日). 2018年12月8日閲覧。

関連項目[編集]