猿橋重利

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

猿橋 重利(さるはし しげとし、1956年10月24日 - )は日本中央競馬会 (JRA) 元騎手で現在は調教助手北海道出身。 息子の猿橋照彦も調教助手。

来歴[編集]

1977年大久保石松厩舎所属でデビュー。同期デビューには松永昌博根本康広らがいる。

デビュー初年度は平地3勝障害5勝の計8勝と伸び悩んだものの、翌年からは20〜40勝前後をコンスタントにあげ、1980年タマツバキ記念(春)重賞初勝利。

1983年にはシャダイソフィア桜花賞を勝ち八大競走初勝利。(猿橋にとって生涯唯一のG1級勝利である)

1997年2月28日付で騎手を引退、現在は飯田祐史厩舎所属の調教助手。

主な騎乗馬[編集]

関連項目[編集]