猿渡信光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
猿渡信光
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文3年(1534年
死没 天正15年4月17日1587年5月24日
官位 掃部兵衛越中守
主君 島津氏
氏族 猿渡氏
父母 父:猿渡信資
信豊、与三

猿渡 信光(さるわたり のぶみつ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将島津氏の家臣。官位は掃部兵衛、後に越中守。

生涯[編集]

猿渡氏は平高望の後裔。天文3年(1534年)、猿渡信資の子として誕生。

島津氏に仕え、支配領である加世田羽月地頭職を歴任した。武勇に優れ、肥後国侵攻や天正12年(1584年)の沖田畷の戦いなどで活躍。特に沖田畷の戦いでは、1千人の兵を率いたとされ、島津・有馬連合軍の総兵が6千~8千というので、部隊長としてかなりの軍権を有したと推測される。また、この合戦で嫡子の彌次郎[1]が戦死している。

天正15年(1587年)、豊臣秀吉による九州平定の際の根白坂の戦いで戦死した。

脚注[編集]

  1. ^ 『北肥戦誌』の記述。『本藩人物誌』には信豊が嫡子、与三は次男と記され、信豊は文禄・慶長の役で死去、与三はその養子になったとあるが、この彌次郎に関しては記述が一切ない。