獅子山漢楚王墓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

獅子山漢楚王墓(ししざんかんそおうぼ)は、中国江蘇省徐州市雲竜区に位置する前漢の墓である。

概要[編集]

1994年12月から1995年3月にかけて発掘がおこなわれた。墓の被葬者は前漢の第3代の楚王劉戊であると考えられている。

墓の規模は南北に117メートル、東西に17.2メートル、総面積は851平方メートルにおよぶ。出土遺物は金器、銀器、青銅器、鉄器、玉器、漆器、土器、骨器など1500点以上。とくに銅銭の数量は176000枚に達した。「楚侯之印」「楚中侯印」「楚司馬印」「楚営司馬」「楚中司空」「楚都尉印」「楚太僕印」といった楚国の官印や、「共之右尉」「僮令之印」「文陽丞印」「蘭陵之印」「北平邑印」「海邑左尉」といった地方官の印、「下邳丞印」「彭城丞印」「蕭令之印」などの封泥も見られた。

墓の東500メートルのところからは兵馬俑坑が発見されている。ほか地下宮殿の墓道わき、ならびに耳室内で殉死者の陪葬墓が発見されている。

参考文献[編集]

  • 黄石林、朱乃誠著,高木智見訳『中国文化史ライブラリー 中国考古の重要発見』(2003年,日本エディタースクール出版部)