玄以通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
玄以通 紫竹北大門町から撮影

玄以通(げんいどおり)は、京都市北区を通る東西の通りの一つである。

概要[編集]

東は鴨川に架かる上賀茂橋を、西は紫竹西通を、それぞれ起終点とする。東については、左京区を通る宝ヶ池通までを含めることもある。 全線を通じて2車線である。六間通と呼ばれた今宮通同様に、道幅が六間(約10.9m)で造られたため、上六間通(かみろっけんどおり、かみのろっけんどおり)とも呼ばれていた。京都市営バス西賀茂営業所管轄のバス路線が複数設定されているほか、紫竹地域の生活道路でもあるため、堀川通加茂街道との交差点付近を中心に交通量は比較的多い。

紫竹西通との交差点には、交通量が多いにもかかわらず信号機が設置されていないため、車両での右左折時には注意を要する。

名前の由来[編集]

上賀茂にある玄以という小字名に由来することから名付けられた[1][2]。現在では、加茂街道新町通にかけて、小山北玄以町を横断している。

沿線の主な施設[編集]

交差する道路など[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 京都府立総合資料館 レファレンス事例 回答17
  2. ^ 京都市情報館 北区役所 リレー学区紹介-元町学区 小山村は、明治22年に上賀茂村と合併し、同村字小山となった

関連項目[編集]