玄妻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

玄妻(げんさい)または純狐(じゅんこ)[1]玄狐(げんこ)[2]は、王朝の頃に存在したとされる古代中国の人物。黒くて美しいをもつ当時の美女であった、として知られる。

有仍氏の娘[3]で、はじめ后夔(こうき)のもとに嫁ぎ伯封(はくほう)を産む。后羿(こうげい)によって伯封が征伐された後、后羿の嫁となるが、臣下の寒浞(かんさく)によって后羿が殺害された後には、寒浞の妻となった。寒浞との間には奡(澆、ぎょう)と豷(えい)という子を儲けている[2]

美しい髪の毛であったという描写は『春秋左氏伝』にあり、黰黒(しんこく、黒くて美しい髪)であると表現されている。玄妻が夔とのあいだに産んだ伯封は非常に貪欲な性格の悪人であり有窮国の后羿によって滅ぼされたことから、「はなはだ美しきものは、必ず、はなはだ悪しきことでもある」という故事の一例として挙げられている[4]

玄妻という名称は、美しい黒髪(玄は黒色の意味)に由来している[5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 純狐氏。諸橋轍次『大漢和辞典』でも「寒浞の妻の」であると示されている。
  2. ^ a b 袁珂 著、鈴木博 訳 『中国の神話伝説』下巻 青土社 1993年 20-23頁 ISBN 4-7917-5222-8
  3. ^ 春秋左氏伝』などによれば、の妻(少康の生母にあたる)も、おなじく有仍氏出身の娘である緡(びん)という女性である。
  4. ^ 田岡嶺雲 訳注 『和訳春秋左伝』下巻 玄黄社 1912年 407頁 「昭公二十八年」
  5. ^ 早稲田大学編集部 『漢籍国字解全書 先哲遺著 第15巻』(春秋左氏伝国字解 下巻) 早稲田大学出版部 1911年 453-454頁

関連項目[編集]

  • ゲイ (中国神話) - 中国神話で弓の名手として知られる英雄。
  • 封キ - 伯封と同一のものであるとも解説されることがある。
  • 嫦娥 - 別の伝説で羿の妻とされる人物。