玉屋町 (名古屋市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 西区 > 玉屋町
玉屋町
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
西区(現中区域)
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
ナンバープレート 名古屋

玉屋町(たまやちょう)は、愛知県名古屋市中区(当時は西区)にあった地名。現在の丸の内の一部に相当する[1]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

清洲越しにより清洲の下本町(しもほんまち)が移転して成立したため、その名称で存在していたが、貞享4年に宝珠(宝の)に由来する玉屋町と改めたという[2][3]

沿革[編集]

人物[編集]

  • 小出庄兵衛[3]
  • 水口屋伝兵衛[3]
  • 小見山宗法[3]
  • 永楽屋東四郎[3]

寺院[編集]

参考文献[編集]

  • 『名古屋市会史 別巻第2 総合名古屋市年表(大正編)』名古屋市会事務所、名古屋市会事務所、1963年3月10日(日本語)。全国書誌番号:49011382
  • 『総合名古屋市年表 昭和編 一』名古屋市会事務局、名古屋市会事務局、1964年11月25日(日本語)。全国書誌番号:49011383
  • 角川日本地名大辞典 23 愛知県』「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1989年。ISBN 4-04-001230-5。
  • 日本歴史地名大系第23巻 愛知県の地名』有限会社平凡社地方資料センター、平凡社、1981年。ISBN 978-4582490237。
  • 『なごやの町名』名古屋市計画局、1992年。
  • 福岡清彦『中区の町名』名古屋市中区役所、1976年。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]