玉手箱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

玉手箱(たまてばこ)はおとぎ話浦島太郎に登場する。また、軽々しく開いてはいけない大切な箱のこと。玉匣

概要[編集]

もともとは化粧道具を入れるためのもの。「玉櫛笥(たまくしげ)」が玉手箱となった[1]

一般的な浦島太郎の話では、浦島が、龍宮城からの帰りに乙姫から「何があっても絶対に開けるな」と言われて受けとることになっている。そして、禁を破って箱をあけてしまった浦島は、箱から出てきた煙(自分の年が封じ込められていた)を浴びて年寄りになってしまう。

巌谷小波版では浦島は長男として登場し、玉手箱を開ける理由は子孫作りによる親孝行、即ち帰郷地での結婚費用の捻出である。したがって玉手箱は、浦島が乙姫との愛を裏切り地上の娘と結婚しようとした時の復讐の手段であったと解釈されることがある[2]

浦島太郎は西暦8世紀頃から数々の変更を経た作品である[3]

備考[編集]

  • 玉手箱の語が用いられている慣用語として、「開けてびっくり玉手箱」がある(これも浦島太郎の物語から来ている)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武笠、2007年
  2. ^ 武笠、2007年83頁。大学紀要であり、一般的な解釈ではない可能性もあることには注意されたい。
  3. ^ 変遷については福田、永田、阿部(1982年42~44頁)が端的にまとめている。詳細は他の専門書を参照されたい。

参考文献[編集]

  • 福田 理、永田 松三、阿部 喜久男(1982年7月)「浦島子伝説と二酸化炭素 領家帯の花崗岩類から産する炭酸ガス」『地質ニュース』(地質調査所)335号42頁、2010年9月26日閲覧。
  • 武笠 俊一(2007年3月30日)「玉匣から玉手箱へ 浦島伝承史考 The homecoming of Tarow Urashima」『人文論叢 三重大学人文学部文化学科研究紀要』24号75~84頁、NAID 120001164674ISSN 0289-7253

関連項目[編集]