玉水嘉一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

玉水 嘉一(たまみず かいち、1859年(安政6年)- 1949年(昭和24年))は明治期の自由民権運動家。加波山事件首謀者の一人。常陸国下館藩(現・茨城県筑西市下館地区)出身。別名は山本幸蔵(やまもと こうぞう)。号は切巌山人(せつがんさんじん)。

概略[編集]

  • 1859年(安政6年) - 常陸国下館藩士の家に生まれる。
  • 1884年(明治17年) - 加波山事件を起こし逮捕される。
    • 服役を終えた後は郷里の下館に戻り、剣道塾を開設する。
  • 1905年(明治38年) - この年に刊行された『東陲民権史』の資料収集の中心的役割を務める。
  • 1949年(昭和24年) - 没。享年91。

エピソード[編集]

  • 1886年(明治19年)の7月、加波山事件に参加し逮捕され小菅集治監に投獄されていた際、獄中で伝習隊秋月登之助と出会ったという。これが事実ならば秋月の墓碑に刻まれている没年月日(1885年(明治18年)1月6日)よりも1年以上後も秋月が生存していたこととなり、墓碑の没年月日は誤りであるということになる。

関連項目[編集]

  • 鯉沼九八郎 - 栃木県の自由民権運動家・政治家。加波山事件に加担したとして逮捕された。
  • 富松正安 - 下館出身の自由民権運動家。玉水と同じく加波山事件に参加。
  • 保多駒吉 - 下館出身の自由民権運動家。玉水と同じく加波山事件に参加。
  • 平尾八十吉 - 栃木県出身の自由民権運動家。玉水と同じく加波山事件に参加。
  • 下館音頭 - 西條八十作詞。11番に加波山事件が歌われている。