玉泉寺 (当陽市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

座標: 北緯30度47分06秒 東経111度41分02秒 / 北緯30.785度 東経111.684度 / 30.785; 111.684

玉泉寺の山門
地図

玉泉寺(ぎょくせんじ)は、中華人民共和国湖北省当陽市にある仏教寺院。宗派は天台宗[1]。玉泉寺は国清寺、霊厳寺、栖霞寺とともに、天下四絶と呼ばれる。

歴史[編集]

南北朝大通2年(528年)、梁武帝は船山寺の建設を命じた。

開皇13年(593年)、智顗は詔を奉じて寺を建て、ここで「法華玄義」を宣揚する。晋王の楊広から「玉泉寺」の額を賜った。594年、智顗は寺で「摩訶止観」を宣伝した[2]

儀鳳3年(678年)、神秀はここで禅法を高くあげて、玉泉寺はこれから天下に名声を博している。

天禧5年(1021年)、明粛皇后は寺院の再建を主宰した。宋真宗から、「景德禅寺」の名を賜った。

明代の初、寺院は「玉泉寺」の名前を回復。万暦帝から「荊楚第一叢林」の額を賜った。

1982年、中華人民共和国国務院は仏寺を全国重点文物保護単位に認定した。

1983年、中華人民共和国国務院は仏寺を漢族地区仏教全国重点寺院に認定した。

重要文化財[編集]

  • 石刻観音像(唐代呉道子)
  • 玉泉铁塔(宋代)

参考文献[編集]

  • 『当陽県志』湖北省当陽市歴史志事務室、湖北省、清乾隆59年。