玉祖命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

玉祖命(たまのおやのみこと)は、日本神話に登場するである。玉造部(たまつくりべ)の祖神とされる。『古事記』にのみ登場し、『日本書紀』にはこの名前の神は登場しないが、同神と見られる神が登場する。

概要[編集]

別名に玉屋命(たまのやのみこと)、櫛明玉命(くしあかるたまのみこと)、天明玉命(あめのあかるたまのみこと)、豊玉命(とよたまのみこと)などがある。

高御魂命の孫とする伝承があり[1]、また天背男命の子で天日鷲命の弟とする系図も存在する[2]

子には天八現津彦命の妻となった玉之美良媛の父・大多麻流命(おおたまるのみこと)と[3]、阿岐国造の祖・天湯津彦命がいるとされる[4]

神話の記述[編集]

岩戸隠れの際に八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)を作った。天孫降臨の際邇邇芸命(ににぎ)に附き従って天降るよう命じられ、天児屋命(あめのこやね)、布刀玉命(ふとだま)、天宇受売命(あめのうずめ)、伊斯許理度売命(いしこりどめ)と共に五伴緒の一人として随伴した。

『日本書紀』の岩戸隠れの段では、八尺瓊勾玉を作ったのは「玉造部の遠祖・豊玉神(とよたまのかみ)」(第二の一書)、「玉作の遠祖、伊弉諾尊の児・天明玉命(あめのあかるたまのみこと)」(第三の一書)としている。どちらも玉造部の祖としていることから玉祖命と同神と考えられる。

解説[編集]

玉祖神社山口県防府市)、玉作湯神社島根県松江市)、石作玉作神社(滋賀県伊香郡)などに祀られている。

脚注[編集]

  1. ^ 「左京神別 天神 小山連」『新撰姓氏録』、弘仁六年。
  2. ^ 「安房国斎部宿祢本系帳」『安房国忌部家系』。
  3. ^ 鈴木真年『日本事物原始』古香館、明治17年、24頁。
  4. ^ 鈴木真年『日本事物原始』古香館、明治17年、44頁。

関連項目[編集]