玉穂村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
たまほむら
玉穂村
廃止日 1955年2月11日
廃止理由 新設合併
御殿場町原里村玉穂村印野村富士岡村
→御殿場市
現在の自治体 御殿場市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
駿東郡
面積 38.21km².
総人口 5,259
(廃止後の昭和30年国勢調査)
隣接自治体 御殿場町須走村印野村原里村
玉穂村役場
所在地 静岡県
Shizuoka Sunto-gun 1889.png
16が玉穂村で赤色は御殿場市に相当
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

玉穂村(たまほむら)は、静岡県の北東、富士山東麓にあった駿東郡1955年に周辺町村と合併し、御殿場市になった。

地理[編集]

御厨地方の中心部の富士山寄りに位置する。西部は富士山麓の原野を有する。

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年)4月1日に中畑村、茱萸沢村、川柳新田、萩原村字飯盛塚・林頭が合併して発足。
  • 1955年(昭和30年)2月11日御殿場町富士岡村原里村印野村と合併し、御殿場市になった。村役場は御殿場市役所玉穂支所に、村有財産は御殿場市玉穂財産区に引き継がれた。

交通[編集]

関連項目[編集]