玉置明善

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

玉置 明善(たまき あきよし、1908年8月8日 - 1981年6月2日)は、昭和日本実業家

経歴・人物[編集]

大連にて玉置準三の長男として生まれる[1][2]旧制佐賀高等学校、1930年に九州帝国大学工学部応用化学科を卒業。同年、三菱合資会社に入社。翌年1931年三菱石油(現 JXTGエネルギー)に移る。1946年に工事部長、1948年に同社工事部が分離独立して千代田化工建設が発足すると常務取締役となる[3]1957年11月、初代社長の大久保繁雄に代わり社長に就任[4]1970年会長兼務[5]

化学工学協会(現: 公益社団法人化学工学会)の第16代会長(1967年-1969年)を務めた[6]。同会には研究奨励賞として同氏を記念した玉置明善記念賞がある。

著書[編集]

  • 化学プラント建設便覧 (丸善出版 1972年)
  • エンジニアリング産業論 (東洋経済新報社 1977年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「人事興信録. 第15版 下」、人事興信所
  2. ^ 「デジタル版 日本人名大辞典+Plus」、講談社
  3. ^ 千代田化工建設株式会社『千代田化工建設60年の歩み』、p.102(2008)
  4. ^ 千代田化工建設(株)『千代田化工建設25年史』(1973)
  5. ^ 「20世紀日本人名事典」、日外アソシエーツ、2004年
  6. ^ 化学工学会 » 歴代会長(2018年6月25日閲覧)
先代:
大久保繁雄
千代田化工建設社長
1957年 - 1981年
次代:
玉置正和