玉龍雪山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
玉龍雪山

玉龍雪山(ぎょくりゅうせつざん、簡体字中国語玉龙雪山拼音Yùlóngxuě Shān、Jade Dragon Snow Mountain)は中華人民共和国雲南省麗江市玉龍納西族自治県にある山。玉龍山とも呼ばれる[1][2]

横断山脈のうち沙魯里山脈の南部を占める。付近一帯は玉龍雪山国家重点風景名勝区として世界遺産に、同時に麗江市玉龍雪山景区として中国最高レベル(5A級)の国定公園に指定されている。北半球で最も南に位置する氷河がある。

麗江市街地の北15kmほどのところにあり、南北約35km、東西約13kmの公園区域内に、13の峰がある。最高峰は扇子陡(せんすとう、Shanzidou)で、その山頂標高5596mである。1987年に、アメリカ隊が初登頂した。

麗江一帯に住むナシ族の宗教であるトンパ教聖地である。ふもとの金沙江本流には、虎跳峡と呼ばれる深い峡谷がある。

観光地としての整備も進んできており、麗江古城地区の北から7路のバスで雪山ロープウェイ乗り場まで行けば、扇子陡のすぐ下の4506m地点までのロープウェイに乗れる。ロープウェイの運行は天候に左右されやすく、一日4000人限定のため、注意を要する。

脚注[編集]

  1. ^ 夏の少数民族音楽―雲南省”. 中国国際放送 (2013年8月2日). 2020年2月23日閲覧。
  2. ^ 中国の雪の名所トップ5”. チャイナネット (2010年12月31日). 2020年2月23日閲覧。

座標: 北緯27度05分54秒 東経100度10分36秒 / 北緯27.09841度 東経100.1767度 / 27.09841; 100.1767