王キョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「王琚」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

王 琚(おう きょ、407年 - 496年)は、北魏宦官本貫高平郡

経歴[編集]

泰常年間に腐刑を受けて宮中に入り、細心で節度を守った仕事ぶりで、諸官を歴任して重用されるようになった。礼部尚書に上り、広平公の爵位を受け、寧南将軍の号を加えられた。献文帝に仕えて公正を持し、そのことを孝文帝に評価されて、散騎常侍の位を受けた。後に侍中・征南将車・冀州刺史となり、仮の広平王となった。都の平城に召喚されて、侍中のまま征南将軍の号を受け、爵位を高平王に進め、再び冀州に派遣された。孝文帝と文明太后が冀州に東巡すると、王琚の家に幸して、諸事を詳しく尋ねた。都の平城に帰ると、老齢を理由に家に隠棲した。後に爵位を公に降格され、洛陽遷都に従って居を移した。家の窮乏を訴えて、孝文帝から帛200匹を賜った。常に牛乳を愛飲していたため、顔色は処女のようであった。496年太和20年)冬、死去した。享年は90。征南将軍・冀州刺史の位を追贈された。は靖といった。

養子の王寄生がすでに亡くなっていたため、寄生の子の王蓋海が王琚の爵位を嗣ぎ、青州楽陵郡太守まで上った。

伝記資料[編集]