王允卿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
王允卿
Wang Yunqing.jpg
『大満洲帝国名鑑』(1934年)
プロフィール
出生: 1890年光緒16年)
死去: 1954年
中華人民共和国の旗 中国吉林省長春市
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府海城県
職業: 政治家・外交官
各種表記
繁体字 王允卿
簡体字 王允卿
拼音 Wáng Yŭnqīng
和名表記: おう いんきょう
発音転記: ワン ユンチン
ラテン字 Wang Yün-ch'ing
テンプレートを表示

王 允卿(おう いんきょう、中国語: 王允卿; ピン音: Wáng Yŭnqīng; ウェード式: Wang Yün-ch'ing)は、中華民国満州国の政治家・外交官。庚陽

事績[編集]

官費で日本へ留学し、明治大学法学部本科を卒業した[1]。帰国後は奉天交渉署練習員、安東県甲種商業学校教務長、国立山西大学教授、山西軍官法政講習所教官、天津地方検察庁検察官、黒竜江省鶴崗煤鉱公司科長兼董事を歴任している[2]

満州事変(九・一八事件)勃発後、王允卿は鶴崗煤鉱を関東軍に引き渡し、その際に土肥原賢二から事務能力を認められたという[3]1932年大同元年)3月に満州国が建国されると、吉林省高等検察庁庁長に起用され[4]1934年康徳元年)3月には司法部行刑司司長に抜擢された[5]1937年(康徳4年)7月、奉天省民政庁長に移り(翌年1月、民生庁長に改組)、翌1938年(康徳5年)5月には総務庁官房首席検察官となっている[3]

1940年(康徳7年)5月、王允卿は熱河省省長に転じ[6]、翌1941年(康徳8年)1月には総務庁次長に起用された[7]。同年9月には、満州国協和会連合協議会副議長に選出されている[3]1942年(康徳9年)、満州国建国10周年祝典事務局局長を務めた。同年9月29日、駐日大使を命ぜられ、日本に駐在している[8][3]。なお、王允卿は満州国最後の駐日大使である。

正確な時期は不明だが、王允卿は満州国滅亡前後に帰国している。その後、国民政府により王は逮捕され、南京老虎橋監獄に収監された。1949年民国38年)に釈放され、長春市に移り住んでいる。しかし中華人民共和国建国後の1951年4月26日、長春市公安局により反革命罪を問われて逮捕された。1954年、長春市の監獄内で病没。享年65。

[編集]

  1. ^ 『大満洲帝国名鑑』「吉林省」56頁で「法律本科卒業」との記載があることによる。中国鞍山名人網は「明治大学政治経済科」(原文は「政治経済系」)としている。なおいずれの資料でも在籍年の記載がない。
  2. ^ 『大満洲帝国名鑑』「吉林省」56頁による。中国鞍山名人網は、この他に井陘煤鉱会計科長を務め、鶴崗煤鉱では経理代理を務めたとしている。
  3. ^ a b c d 中国鞍山名人網。
  4. ^ 劉ほか編(1995)、1190頁。
  5. ^ 劉ほか編(1995)、1185頁。
  6. ^ 劉ほか編(1995)、1195頁。
  7. ^ 劉ほか編(1995)、1159頁。
  8. ^ 郭主編(1990)、1832頁。

参考文献[編集]

  • 『大満洲帝国名鑑』 挙国社、1934年
  • 「王允卿伝略」2011年8月20日中国鞍山名人網
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
  • 郭卿友主編 『中華民国時期軍政職官誌』 甘粛人民出版社、1990年。ISBN 7-226-00582-4。
 Flag of Manchukuo.svg 満州国
先代:
金名世
熱河省長
1940年5月 - 1941年1月
次代:
張聯文