王威晨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
王 威晨
Wang Wei-Chen
中信兄弟 #9
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 台北市
生年月日 (1991-07-03) 1991年7月3日(29歳)
身長
体重
183 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手二塁手
プロ入り 2015年 ドラフト13位
初出場 2016年4月26日
年俸 月給32万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ代表
プレミア12 2019年
王 威晨
各種表記
繁体字 王 威晨
拼音 Wáng Wēichén
注音符号 ㄨㄤˊㄨㄟㄔㄣˊ
和名表記: おう いしん
発音転記: ワン・ウェイチェン
英語名 Wang Wei-Chen
テンプレートを表示

王 威晨(ワン・ウェイチェン、1991年7月3日 - )は、台湾中華民国)の台北市出身のプロ野球選手内野手)。

経歴[編集]

2015年6月に開催されたドラフト会議で中信兄弟にドラフト13位で入団[1]。このシーズンは2軍戦出場のみに留まった。

2016年に1軍公式戦初出場を果たした。オフにはアジア・ウィンター・リーグに出場するも打率.160と苦しんだ。

2017年のオフに再びアジア・ウィンター・リーグに出場すると打率.397をマーク。16試合連続安打という記録を打ち立て、決勝ラウンド前の最終試合で再度勝利打点を挙げた。それによりCPBL選抜は1点差での勝利を収め、9試合連続無敗記録を作った[2]

2018年は、全118試合に出場しCPBL歴代最高記録となる489打数を記録した。走塁面では44盗塁を記録し、初のタイトルとなる盗塁王を獲得した。オフに開催された「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」に出場し、甲斐拓也に盗塁を刺される場面があった[3]

2019年は3月・4月は打率1割台と不振[4]も5月以降は調子を戻し、最終的には打率.317でシーズンを終えた。9月4日のLamigoモンキーズ戦ではプロ初となるホームランを放った。昨年と比べ盗塁数はかなり減るも、2年連続となる盗塁王を獲得した。オフには2019 WBSCプレミア12に出場した[5]。11月16日の対オーストラリア戦では先制タイムリー[6]、勝ち越しタイムリーを放ちチームの勝利へ貢献した[7]。最終的にはベストナイン・三塁手部門に選出された[8]

2020年は5月6日の統一ライオンズ戦で自身初となる5安打を放った。同月30日の富邦ガーディアンズ戦ではCPBL史上最少出場(28試合)で50安打を放った[9]

選手としての特徴[編集]

2年連続盗塁王を獲得した台湾のスピードスター。一塁到達まではわずか3.9秒[10]。守備範囲も広く安定している。そして広角に打ち分ける事ができ、セーフティバントの成功率も高い[11]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 中信兄弟 6 12 12 0 1 0 1 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .083 .083 .250 .333
2017 26 113 100 13 28 6 1 0 36 16 4 0 1 2 10 0 0 27 1 .280 .339 .360 .699
2018 118 537 489 74 164 17 4 0 189 42 44 19 0 1 42 2 3 64 8 .335 .391 .387 .778
2019 115 491 451 64 143 17 2 1 167 45 27 11 6 7 26 1 0 52 6 .317 .349 .370 .719
通算:4年 265 1153 1052 151 336 40 8 1 395 103 75 30 7 10 78 3 3 148 16 .319 .365 .375 .740
  • 2019年度シーズン終了時
  • 各年度の赤太字はリーグ歴代最高、太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

CPBL
チャイニーズタイペイ代表

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 選秀順位低沒關係 辛元旭以王威晨朱育賢為目標 | 運動 | 中央社 CNA” (中国語). www.cna.com.tw. 2020年7月19日閲覧。
  2. ^ 【CPBL情報】アジアウインターリーグの注目新人!王威晨、二度寝のおかげで連続安打! | Baseball Times-ベースボール・タイムズ”. baseballtimes.jp. 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ 台湾の盗塁王が見た甲斐キャノン「僕も被害者になった」” (日本語). 西日本スポーツ. 2018年11月7日閲覧。
  4. ^ 一甩去年的開季大低潮 王威晨攻守兩端更進化 - 中職 - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年5月30日閲覧。
  5. ^ 聯合新聞網 (20191001T153013Z). “12強/中華隊28人名單公布 王柏融入列 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ 【プレミア12】台湾ワン・ウェイチェンが3回に先制打! 豪州は負ければ敗退” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2019年11月16日閲覧。
  7. ^ 12強/兄弟連線發威 王威晨大貢獻” (中国語). tw.news.yahoo.com. 2019年11月16日閲覧。
  8. ^ 一般社団法人日本野球機構. “表彰選手” (日本語). 2019 WBSC プレミア12. 2020年3月7日閲覧。
  9. ^ 中職/最少場次50安 王威晨先留球” (中国語). tw.sports.yahoo.com. 2020年5月30日閲覧。
  10. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年7月2日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/elevensportsjp/status/1258327965412155394” (日本語). Twitter. 2020年5月7日閲覧。

関連項目[編集]