王宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

王 宇(おう う、? - 3年)は、前漢末期の人物。長孫王莽の嫡子。

略歴[編集]

王莽は平帝を中山王から皇帝に擁立する際、平帝の母の衛姫やその一族を長安に入れず、彼女を中山孝王后として中山に留めていた。しかし王宇は平帝が成長した後にこのことが禍根を残すと考え、衛氏を長安に入れようと考えた。

そこで元始3年(3年)、王宇は学問の師である呉章、夫人の兄である呂寛と謀り、超常現象を捏造して王莽を驚かせ、呉章が衛氏を長安に入れるようその現象を解釈することにした。呂寛が夜間に王莽の屋敷に血を浴びせようとしたが門番がそれに気づき、事件が発覚した。

王宇は王莽により獄に送られ、服毒自殺した。王宇の妻(呂氏)は妊娠していたため、獄に繋ぎ、出産を待ってから殺した。王莽は子の罪を管・蔡になぞらえて敢えて隠さずに上奏し、王太后(王政君)も臣下に促され、それを褒め、「周公旦は管・蔡らを滅ぼして後に泰平の世をもたらしたから、公(王莽)も泰平の世に向けて努力せよ」という詔を出した。

王莽はこの事件を大司空甄豊らに徹底的に調べさせ、呂寛・呉章のほか、衛氏や平帝の祖母の実家馮氏、梁王劉立、王莽の叔父の王立、従兄弟(王譚の子)の王仁、元帝の妹の敬武公主、元三公何武、元司隷鮑宣など、王莽が目障りな者や自分を批判した者100名以上を罪に当て、死に追いやった。

大司馬護軍は王莽がこの事件の後、発奮して「子孫を戒める書」を作ったので全国に頒布して学官に教授させるよう上奏した。

王宇の子6名(王千・王寿・王吉・王宗・王世・王利)は王莽がの皇帝となると公に封じられた。そのうち、功崇公王宗(王会宗)は天鳳5年(18年)に天子の衣服をまとい、また自ら印を刻み、合浦に流されていた呂寛の家族と連絡を取っていたことにより取り調べられ、自殺している。また王宇の娘の王妨(王宗の姉)は新の衛将軍王興の妻となったが、彼女も罪があって自殺した。

参考文献[編集]

  • 漢書』巻12平帝紀、巻72鮑宣伝、巻86何武伝、巻99王莽伝

中国の文献[編集]

  • (漢)班固著(唐)顔師古注『漢書』(全十二冊・繁體版)中華書局、1962年 ISBN 7101003052(中国語)