王宮の一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

王宮の一覧は、の居城・拠点である宮殿をまとめたものである。

この一覧は未完成です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

王宮の概要[編集]

ヨーロッパ[編集]

ヨーロッパにおける王宮英語:Royal palace)とは、国王王室が住居を置く公式な宮殿城砦[1]である。君主制を敷く国家の主に国王の居城・拠点であり居住する宮殿城館の事であり、王宮と呼ばれる宮殿・城館は国王など君主の公的な住居[1]。場合によっては、城と同格のこともある[2]。国内すべての宮殿の中でもっとも重要であるとされる宮殿であることが多く、君主の私邸、城、別荘、狩猟用の離宮などは「王宮」とは呼ばれないことが一般的である。しかし、バンコクの王宮には実際には国王や王族は居住していないし、それと同じくスペイン王の王宮であるマドリード王宮には実際には国王や王族は住んでおらず、王室は郊外にあるサルスエラ宮殿に暮らす。君主の戴冠式、上級王族葬儀、国王誕生日謁見の儀等重要式典の際は、王宮で行われる。また、皇帝大公など「王」とは異なる君主の称号を持つ場合であっても一般的には「王宮」と呼ばれる(例:「ベトナム帝国」の「王宮」フエの王宮、正式名称は順化皇城と言う、「ドイツ帝国」の「王宮」ベルリン王宮)。

ハプスブルク家の王宮、ホーフブルク宮殿。

かつては君主が君臨していた国家であっても、いまは君主が存在しないこともある(君主制廃止)。その場合、旧王宮は歴史博物館や国家の官庁に転用されたりしているものも多い。例えば、ウィーンの旧市街中心部にあるホーフブルク宮殿はその好例である。現在はオーストリア国立図書館スペイン乗馬学校、オーストリア大統領の官邸オーストリア国立博物館英語版があり、博物館の中には宝物や芸術作品のコレクションが納められ、中には君主のレガリアも展示されている。

古代では王権の示威の手段として広大なものが造られ、権力者の大規模で豪華な居館としての面と共にしばしば城砦としての性格をもつ。中世ではほかの諸侯と同じような防衛機能を優先した城塞に住んだが、時代が下るにつれて防衛機能は最優先事項ではなくなり、王権の象徴としての豪奢な装飾が施されるようになる。また、中世末期からルネサンスにかけて、新たな権力者が出現する様になると王宮建築はいっそう規模や装飾を拡大し、その国家と国王の絶対的な権力を代表する象徴的建造物となった一方、嘗ての王宮建築がもっていた城砦的・宗教的な性格は希薄になってゆく。バロック絶対王制の時代になると更に豪華な趣を加え[3]、防衛機能は皆無と成った。

バロック時代を代表するフランス国王の王宮のヴェルサイユ宮殿はヨーロッパ各国の王宮建築の模範的な存在となった。ヴェルサイユ宮殿本館をモデルとして建造された物にはスウェーデン王国の王宮・ドロットニングホルム宮殿や、オーストリア帝国の王宮・シェーンブルン宮殿などが挙げられる。この宮殿の建築の傾向は18世紀末まで続き、君主制の衰退とともにその幕を閉じる。

ヨーロッパにおけるもっとも代表的な王宮は、イギリスバッキンガム宮殿ハンプトン・コートフランスヴェルサイユ宮殿ルーヴル宮殿フォンテーヌブロー宮殿オーストリアシェーンブルン宮殿イタリアナポリ王宮、スペインのマドリード王宮などがある(#ヨーロッパを参照のこと)。

アジア[編集]

ヨーロッパのように王族が王権神授説によって宗教的に保護され、王族同士が血縁を結び安定して血族の王位継承を行ってきた訳ではないアジアは群雄割拠による動乱の歴史である。日本インド中国の各時代各地域の指導者が自らを「王」と名乗り、独自兵力を率い、自らの領地に拠点を置き、主流であった指導者を排して自らが主流となる下剋上が行われた。

そのため、王宮に該当する建物は数多く存在する。この項目においては主流となった勢力の建物だけを扱う。

アジア[編集]

アフガニスタンの旗 アフガニスタン[編集]

アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン[編集]

バングラデシュの旗 バングラデシュ[編集]

 ブータン[編集]

  • デチェンチョリン宮殿
  • サムテリン宮殿

ブルネイの旗 ブルネイ[編集]

カンボジアの旗 カンボジア[編集]

中華人民共和国の旗 中国[編集]

インドの旗 インド[編集]

 インドネシア[編集]

インドネシアでは、王宮をクラトン英語版 (ジャワ語: ꦏꦿꦠꦺꦴꦤ꧀ もしくは ꦏꦼꦫꦠꦺꦴꦤ꧀)と呼ぶ。

バリ島
  • ティルタ・ガンガ
  • スマラプラ宮殿
  • ウブド王宮
  • ウジュン ウォーターパレス
  • タンパクシリン宮殿

イランの旗 イラン[編集]

イスラエルの旗 イスラエル[編集]

日本の旗 日本[編集]

天皇が一時的な外出を行う行楽や政変時には、行宮に住むこともあった。

天皇以外の有力人物の居所

ヨルダンの旗 ヨルダン[編集]

  • ラガダン宮殿

大韓民国の旗 大韓民国[編集]

ラオスの旗 ラオス[編集]

マレーシアの旗 マレーシア[編集]

  • イスタナ・ネガラ (クアラルンプール)英語版 - マレーシアの国王の旧住居。2011年に閉鎖、2013年に旧王宮という名で王立博物館に改装
  • イスタナ・ネガラ (ジャランドゥタ)英語版 - 2011年からマレーシアの国王の住居となった。
  • Istana, Arau
  • Istana, Kota Bharu
  • Istana Abu Bakar, Pekan
  • Istana Alam Shah, Klang
  • Istana Anak Bukit
  • Istana Besar, Johor Bahru
  • Istana Besar Seri Menanti, Seri Menanti
  • Istana Iskandariah, Kuala Kangsar
  • Istana Maziah, Kuala Terengganu

モンゴルの旗 モンゴル[編集]

ネパールの旗 ネパール[編集]

 オマーン[編集]

  • アラム王宮

 パキスタン[編集]

  • ラホール城 - ムガル帝国の首都であった城塞都市ラホールに建てられた。現地では「王の要塞」と呼ばれる城。ムガル帝国を打破したシク王国の王宮としても使われた。

パレスチナの旗 パレスチナ[編集]

  • カセル・アル・バーシャ(Qassr Al Basha)- 13世紀半ばに建てられたガザ旧市街にある城。1階部分はマムルーク朝、第5代スルターンのバイバルスの居城として建てられた。オスマン帝国時代に2階部分が増築された。オスマン帝国時代には、パシャ(高官・貴族)のレッドワン一族の居城となったことから、レッドワン城とも呼ばれる。またナポレオンがエジプトなどの遠征の際に短期宿泊したことから、ナポレオンの要塞とも呼ばれる。

サウジアラビアの旗 サウジアラビア[編集]

シリアの旗 シリア[編集]

  • Royal Palace of Mari
  • Royal Palace of Ugarit

タイ王国の旗 タイ[編集]

 ベトナム[編集]

アフリカ[編集]

 エジプト[編集]

  • アブディーン宮殿英語版 - 1874年、君主イスマーイール・パシャによって建てられた。現在は、エジプト大統領
  • サラーフッディーン城 (カイロ)英語版 - 12世紀に建てられた要塞で、アブディーン宮殿完成まで政治の中心地であった。単にシタデル(要塞)とも

エチオピアの旗 エチオピア[編集]

  • ジュビリー宮殿英語版 - 1960年のクーデター時に使用された。現在はエチオピア大統領官邸。
  • メネリク宮殿英語版 - インペリアルパレスとしても知られる皇帝の宮殿。現在はエチオピア首相官邸。

レソトの旗 レソト[編集]

  • Royal Palace, Lesotho

 リビア[編集]

モロッコの旗 モロッコ[編集]

ナイジェリアの旗 ナイジェリア[編集]

  • Olowo's Palace, Owo

タンザニアの旗 タンザニア[編集]

  • Sultan's Palace, Zanzibar

チュニジアの旗 チュニジア[編集]

アメリカ[編集]

ブラジルの旗 ブラジル[編集]

カナダの旗 カナダ[編集]

計画
  • ハトレー城英語版 - 第二次世界大戦中、イギリスの中部まで侵攻された場合、イギリス王族はリバプールからカナダに逃れ事前購入した城に逃避する計画だった。

メキシコの旗 メキシコ[編集]

アステカ時代 - アステカの言葉で宮殿は Tecpan と呼び、石(tetl)と旗(pantli)から来ている。tecpancalli は、宮殿+家である。
  • en:Casas Nuevas de Moctezuma - アステカ最後の皇帝モクテスマ2世の居館。スペイン語で「新しい家」の意で、昔の王宮と対比させてそう呼んだ。建材の石は、国立宮殿に流用された。
マヤ文明

ペルーの旗 ペルー[編集]

インカ時代
  • Hatunrumiyoc Palace - 現在は石垣(es:Hatun Rumiyoq)が残る程度である。

オセアニア[編集]

トンガの旗 トンガ[編集]

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[編集]

  • イオラニ宮殿 - ハワイ州、オアフ島。
  • フリヘエ宮殿 - ハワイ州、ハワイ島。
  • ハーナイ・アカマラマ英語版- ハワイ州、オアフ島。エマ女王の夏の離宮。
  • アリイオラニ・ハレ英語版- ハワイ州、オアフ島。現ハワイ州最高裁判所。

ヨーロッパ[編集]

 オーストリア[編集]

City Photo Residence Function Link
 オーストリア
ウィーン Schloss Schönbrunn Wien 2014 (Zuschnitt 2).jpg シェーンブルン宮殿 ハプスブルク家の夏の離宮 [1]
Hofburg with Heldenplatz ホーフブルク宮殿 1918年までハプスブルク家の政治中枢、冬の皇居であった。現在は、オーストリア大統領府、美術館、コンベンション・センター [2]
Belvedere Vienna April 2018 ベルヴェデーレ宮殿 オイゲン・フォン・ザヴォイエンの私邸であったが、その後、皇后マリア・テレジアの皇居となった。
Hermesvilla ヘルメスヴィラ オーストリア皇后エリーザベトの私邸 [3]
ツィスライタニエン Hofburg, Innsbruck ホーフブルク宮殿 (インスブルック), チロル州 1918年まではチロル大公とハプスブルク家の住居であった。1848年革命時にウィーンから避難したハプスブルク家によって臨時の政治中枢として利用された。現在は美術館 [4]
Kaiservilla vorderansicht カイザーヴィラ, ザルツカンマーグート フランツ・ヨーゼフ1世の秘密の隠れ家、狩猟用ロッジ
Blauer Hof Laxenburg ラクセンブルク宮殿, ニーダーエスターライヒ州 シェーンブルン宮殿と共にハプスブルク家の夏の邸宅 [5]

 ベラルーシ[編集]

ベルギーの旗 ベルギー[編集]

City Photo Residence Function Link
ベルギーの旗 ベルギー
ブリュッセル Royal Palace, Brussels, August 2008 ブリュッセル王宮 ベルギー王フィリップの公邸 [6]
0 Château Royal de Laeken ラーケン王宮 ベルギー王フィリップの私邸
Laeken Greenhouses ラーケン王宮温室 公式訪問、レセプション会場 [7]
Château Belvedere Laeken ベルヴデール城フランス語版 第6代ベルギー王アルベール2世の私邸
Villa Stuyvenberg Laeken スタイフェンベルク宮殿 ベルギー王フィリップの妹、王女 アストリッドの私邸
シエルニョン

Ciergnon koninklijk kasteel 2-02-2013 17-08-05

シエルニョン城 夏の離宮
ヴィレ=シュル=レス Château du Villers-sur-Lesse 夏の離宮

 ブルガリア

 チェコ

 デンマーク

 エストニア

フランスの旗 フランス[編集]

ドイツの旗 ドイツ[編集]

ギリシャの旗 ギリシャ[編集]

  • Παλαιά Ανάκτορα(旧宮殿)- アテネ。1843年に建てられた新古典主義の建物。王宮として使われていたが、1929年以降はギリシャ議会の国会議事堂となっている。
  • New Royal Palace - 1897年に建てられた皇太子の居所とされていたが、1909年の火事で旧宮殿の大部分が焼かれ王宮となる。1974年以降は大統領邸。
  • Royal Mansion of Psychiko, only Crown Prince Paul and Crown Princess Frederica residence, today private property, Athens
  • Tatoi Palace, or the "Royal Palace of Dekeleia" was the summer estate of the former Greek royal family, Athens
  • Queen's Tower, former royal estate held only by Queen Amalia, now private property, Athens
  • Palace of St. Michael and St. George originally the house of the British Lord High Commissioner of the Ionian Islands, now the seat of the Sino-Japanese Museum, Corfu
  • Mon Repos, a summer residence of the former Greek royal family. It is now an archaeological museum. Corfu
  • Achilleion, Royal Palace of the Empress Elizabeth of Austria, never held by the Greek Royal Family, Corfu
  • Palace of the Grand Master of the Knights of Rhodes, medieval palace renovated during Italian Occupation to constitute the summer estate of the King of Italy, never held by the Greek Royal Family
  • Thessaloniki Government House, a royal mansion in Salonica situated in the suburb of Kalamaria

 ハンガリー

アイルランドの旗 アイルランド

イタリアの旗 イタリア[編集]

リヒテンシュタインの旗 リヒテンシュタイン

 リトアニア

  • Royal Palace of Lithuania, Vilnius

ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク

  • Grand Ducal Palace, Luxembourg

モナコの旗 モナコ

  • The Prince's Palace

モンテネグロの旗 モンテネグロ

  • King Nikola's Palace
  • Podgorica Royal Palace
  • Blue Palace
  • Nikšić Royal Palace
  • Bar Royal Palace
  • Biljarda

オランダの旗 オランダ

 ノルウェー

  • Royal Palace, Oslo
  • Stiftsgården

ポーランドの旗 ポーランド[編集]

  • Royal Castle, Warsaw
  • ヴィラヌフ宮殿
  • Łazienki Palace in Warsaw
  • Ujazdów Castle in Warsaw
  • Kazimierz Palace, Warsaw
  • Belweder, Warsaw
  • Wawel Royal Castle, Kraków
  • Royal Castle, Lublin
  • Royal Castle, Poznań
  • Imperial Castle, Poznań
  • Royal Palace, Wrocław

ポルトガルの旗 ポルトガル[編集]

  • アジュダ宮殿, リスボン, 1828年と 1862-1889年に王宮であった。
  • ケルス宮殿, Queluz, 1794年に Royal Barrack を建て替えた.
  • シントラ宮殿, シントラ
  • ベレン宮殿, リスボン, 1912年以降、ポルトガルの官邸
  • ネセシダーデス宮殿英語版,リスボン, 1821-1822, 1828-1861、1889-1910年に王宮であった. 現在はポルトガル外務省の省舎.
  • ペーナ宮殿, シントラ
  • Citadel Palace, カスカイス
  • マフラ国立宮殿, マフラ
  • Palace of the Carrancas, ポルト, 現在は「ソアレス ドス レイス国立美術館」.
  • Dom Manuel Palace, Evora, 宮殿の一部のみ現存.
  • Ducal Palace, Vila Viçosa, Alentejo, ブラガンサ王朝の公国が所有していたが、王家が使用している.
  • リベイラ宮殿, リスボン, 1503年から1755年の震災まで
  • Royal Barrack, リスボン, 1755年の震災後に残った木造の建物を王宮とし、1794年にケルス宮殿を建てるため破壊された.
  • サン・ジョルジェ城内のAlcaçova Palace , リスボン. 1255-1503年から1755年の震災まで.
  • Salvaterra Palace, サルヴァテーラ・デ・マゴス, 廃墟。
  • Almeirim Palace, アルメイリン, 現存していない。
  • Pinheiro Palace, リスボン近郊. 以前は王室が所有していたが、現在は個人所有.
  • Guimaraes Castle, ギマランイス, 1095 -1131年のポルトゥカーレ伯領の邸宅.
  • Paço das Escolas, コインブラ, 1131-1255年に王宮として使用され, 1537年からはコインブラ大学が使用している.
  • Palacio Corte Real, リスボン, 元は貴族コルテ・レアル家が所有していた邸宅を王家が購入した。1751年の大火後、残った部分も1755年の震災で破壊された。
  • Bemposta Palace, リスボン, イングランドチャールズ2世の元王妃キャサリン・オブ・ブラガンザが戻ってきた時に建てた。1822-1826年間は王宮として使用された. 現在はポルトガル軍学校の一部.
  • Palacio Real de Alcantara, リスボン 1755年に殆ど壊され、一部のみ現存
  • Santos Royal Palace, リスボン, 現在フランス大使館
  • Quinta Real de Caxias, カシアス, 1861-1862年に王宮であった.

 ルーマニア

  • Royal Palace (Bucharest)
  • Cotroceni Palace
  • ペレシュ城
  • Săvârșin Castle
  • Elisabeta Palace

ロシアの旗 ロシア

セルビアの旗 セルビア

  • Old Palace, Belgrade
  • New Palace, Belgrade
  • Royal Palace, Belgrade
  • White Palace, Belgrade
スペインの旗 スペイン:

 スウェーデン

スロバキアの旗 スロバキア

トルコの旗 トルコ[編集]

東ローマ帝国時代
オスマン帝国時代

 ウクライナ

  • Royal Palace, Lviv
イギリスの旗 イギリス

脚注[編集]

  1. ^ a b https://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E5%AE%AE-448832
  2. ^ 『世界大百科事典』第2版
  3. ^ [宮殿]『ブリタニカ 小項目事典』
  4. ^ 吉野町役場 文化観光交流課 観光交流室 (2013年08月05日更新). “吉野朝皇居跡(よしのちょうこうきょあと)”. 公式ウェブサイト. 吉野町. 2020年8月4日閲覧。

関連項目[編集]

  • 官邸
  • 教皇宮殿
  • 帝国城塞 - 神聖ローマ帝国の皇帝たちが滞在したりした城砦の一覧
    • ニュルンベルク城 - 皇帝が代替わりするごとに居所が変わった帝国城砦において、格別の扱いを受け、戴冠の道具が納められた神聖ローマ帝国の象徴とも言える城。