王式通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王式通
Wang Shitong.jpg
プロフィール
出生: 1864年同治3年)
死去: 1930年民国19年)10月30日
中華民国の旗 中華民国北平特別市
出身地: 清の旗 山西省汾州府汾陽県
職業: 政治家・学者
各種表記
繁体字 王式通
簡体字 王式通
拼音 Wáng Shìtōng
和名表記: おう しきつう
発音転記: ワン シートン
ラテン字 Wang Shih-t'ung
テンプレートを表示

王 式通(おう しきつう)は清末民初の政治家・学者。北京政府に属し、司法行政・学芸行政の分野で主に活動した。書衡。号は志盦。祖籍は浙江省紹興府紹興県。子は、北京政府、中華民国臨時政府、南京国民政府(汪兆銘政権)の政治家である王蔭泰

事績[編集]

1898年光緒24年)、戊戌科進士となる。京師通芸学堂を卒業し、北洋編書局、大学堂、学務処、法律学堂で各職を歴任した。1906年(光緒32年)、日本に教育の視察に赴く。帰国後は内閣中書、刑部山東主事、安徽司員外郎、大理院推事・御史、大理院少卿などを歴任した。[1]

中華民国成立後の1912年民国元年)7月、王式通は、北京政府の司法部次長代理となる。さらに陸徴祥内閣で司法総長王寵恵が中途で辞任したため、王式通が総長を暫時代理した。まもなく王式通は総統府法制秘書に転じた。さらに、約法会議秘書長、政治会議秘書長、総統府内史、政事堂機要局長など、事務方の要職を歴任している。[1]

1916年(民国5年)5月、王式通は段祺瑞内閣で国務院秘書長となる。翌月、国務院参議に異動した。1917年(民国6年)9月から1920年(民国9年)9月まで、全国水利局副総裁をつとめている。その後は、清史館纂修、故宮博物院管理委員会副委員長、東方文化事業総委員会委員などになる。[1]王は、当時における史学・地誌の第一人者としても知られた。[2]1930年(民国19年)10月3日、北平で病没。享年67。[1]

著作[編集]

  • 『弭兵古義』
  • 『志盦遺稿』1938年

[編集]

  1. ^ a b c d 徐主編(2007)、87頁。
  2. ^ 東亜問題調査会編(1941)、9頁。

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
  • 東亜問題調査会編 『最新支那要人伝』 朝日新聞社1941年
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
王寵恵
司法総長(代理)
1912年7月
次代:
許世英