王引之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
王引之

王 引之(おう いんし、1766年 - 1834年)は、中国代の学者。は伯申。は文簡。揚州府高郵州の出身。王念孫の子。

略歴[編集]

乾隆60年(1795年)に挙人嘉慶5年(1799年)に進士探花)となる。官職は、翰林院編修から侍講をへて礼部尚書にいたった。若いときから父より家学を授けられ、『爾雅』・『説文』・音楽に詳しく声音訓詁の学に優れていた。

著作[編集]

  • 『経義述聞』15巻:父の王念孫の説を解説したもの
  • 『経伝釈詞』10巻
  • 『王文簡公文集』4巻:羅振玉が編修した詩文集

参考[編集]

  • 『清史稿』487
  • 『国朝先正事略』16
  • 『国朝耆献類徴』76
  • 『続碑伝集』10
  • 劉盼遂『王伯申先生年譜』