王恂 (晋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

王 恂(おう じゅん、生年不詳 - 278年)は、中国西晋外戚王元姫の弟にあたる。は良夫。本貫東海郡郯県

経歴[編集]

王粛の子として生まれた。文章の解釈に広く通じ、朝廷にあっては忠実公正であった。河南尹に累進し、二学を建て、五経の学問を尊んだ。鬲県令の袁毅が駿馬を贈ろうとしたことがあったが、王恂は受け取らなかった。袁毅が失脚すると、袁毅から賄賂を受けていた者たちはみな左遷されたが、王恂は受け取っていなかったために免れた。のとき、公卿以下に穀物や牛や客戸を支給していた。のちには小人たちが労役の負担を嫌がり、多くは客を作って楽をしようとして、貴族や勢族の一門は百を数える客を所有していた。また太原の諸部では匈奴や胡人を田客としており、多い者は数千に及んだ。武帝が皇帝に即位すると、募客の禁令が出されたが、王恂は厳しく取り締まったため、部下に禁令を犯す者を出さなかった。278年咸寧4年)、王恂は死去した。車騎将軍の位を追贈された。

伝記資料[編集]