王文豹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
王文豹
Wang Wenbao.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1873年同治12年)[1]
死去: 不詳
出身地: 清の旗 湖南省長沙府長沙県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 王文豹
簡体字 王文豹
拼音 Wáng Wénbào
和名表記: おう ぶんひょう
発音転記: ワン ウェンバオ
ラテン字 Wang Wen-pao
テンプレートを表示

王 文豹(おう ぶんひょう)は、中華民国の政治家。紹荃

事跡[編集]

清の附生(府・州・県で採用された生員)。1902年光緒28年)、日本に留学し、東京帝国大学治安警察法を専攻する。その後、巡査教習所を経て警視庁で警察法を学んだ。1905年光緒31年)に帰国すると、湖南省警察庁上席顧問兼巡警教習所教官となる。翌年、北京に移り、北京外城巡警総庁検事・外城分庁知事に任ぜられ、以後、行政局長、衛生局長も歴任した。[2]

中華民国成立後の1912年民国元年)、警察庁課長に任ぜられる。翌年、禁煙局参事となり、さらに京畿税務局長も兼任した。その後、司法部秘書長に転じ、1914年民国3年)7月に司法部監獄司司長に任命された。なお北京政府が崩壊する1928年(民国17年)6月まで、そのほとんどの期間において、王文豹はこの地位にあり続けた。[3][4][5]

監獄司司長を務めつつ、1924年(民国13年)11月に王文豹は署理司法部次長を兼任する。1926年(民国15年)4月、賈徳耀内閣で盧信の後任として代理司法総長となり、胡惟徳臨時内閣を経た同年5月まで務める。その後、燕京大学講師に転じたが、1927年(民国16年)7月に監獄司司長に再任され、北京政府崩壊まで務めた。その他、民国学院法律系主任、北平大学法学院法律系講師も務めている。王文豹の没年は不明である。[3][4]

[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、74頁による。外務省情報部編(1928)、424頁は、1928年時点で「年齢50」としているため、(数え年として)1879年生まれとなる。Who's Who in China 3rd ed., p.836.も1879年生まれとしている。
  2. ^ 外務省情報部編(1928)、424頁とWho's Who in China 3rd ed., pp.836-837.による。徐主編(2007)、74頁によると、京師警察庁処長、内務部検事、京師市政公所捐務主任を歴任した、とする。
  3. ^ a b 徐主編(2007)、74頁。
  4. ^ a b 外務省情報部編(1928)、424頁。
  5. ^ Who's Who in China 3rd ed., p.837.

参考文献[編集]

  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 外務省情報部編 『改訂 現代支那人名鑑』 東亜同文会調査編纂部、1928年
  • Who's Who in China 3rd ed. (中國名人錄 第三版). The China Weekly Review (Shanghai) (上海密勒氏評論報). (1925). 
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
盧信
司法総長(代理)
1926年4月 - 5月
次代:
張国淦