王永江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
王永江
Wang Yongjiang.jpg
Who's Who in China 3rd ed. (1925)
プロフィール
出生: 1872年2月17日
同治11年正月初9日)
死去: 1927年民国16年)11月1日
中華民国の旗 中華民国奉天省金州
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府金州庁
職業: 政治家
各種表記
繁体字 王永江
簡体字 王永江
拼音 Wáng Yǒngjiāng
和名表記: おう えいこう
発音転記: ワン ヨンジアン
ラテン字 Wang Yung-chiang
テンプレートを表示

王 永江(おう えいこう)は、清末民初の政治家・教育者。北京政府奉天派に属し、奉天省長などを務めた。また、東北大学の初代校長でもある。岷源。号は鉄龕。祖籍は山東省蓬莱県

事績[編集]

清末の事績[編集]

21歳で廩生となり[1]、最初は漢方薬店を運営していた。後に日本人が創設した南金書院という学校で漢文教員を務める。1907年(光緒33年)、遼陽地方団総・袁金鎧の命により、王は租界での日本の警察行政を調査する[2][3]

まもなく遼陽で警務学堂を創設した。王は、ここで警察人員の養成に努め、後に東三省総督趙爾巽からその功績を表彰されている。その後も、遼陽警務所長、南路巡防営管帯などを歴任した。辛亥革命勃発に際しては、革命派討伐に従事している[4][3]

奉天派での活躍[編集]

中華民国成立後は、趙爾巽・袁金鎧の推薦もあって、王永江は各地で税務部門の職を歴任する。1915年民国4年)、奉天省税務局長兼清丈局長兼屯墾局長に昇進した。翌年には、やはり袁の張作霖への推薦もあって、奉天督軍署高等顧問に任じられた。11月には、全省警務処長兼省会警察庁長に任命され、後には省財政庁長、代理奉天省長などもつとめた[4][3]

王永江の行政手腕は、警務・税務・実業の各方面で発揮された。特に警務方面では、近代的な警察行政制度の導入により、緑林出身者が多かった奉天派内部の粛清に大きく貢献している。王の統制に対しては湯玉麟が諍いを起こしたが、張作霖は王を支持した[注 1]。このほかにも、財政改革や税務改革にも貢献し、奉天派の財政状況を好転させ、その軍事力・政治力の拡張に貢献した。これらの実績により王は、奉天派内部で「文治派」の首領と目された[6]

1920年(民国9年)7月から、張作霖が北京政府中央の政治闘争に介入しようとする。王永江は民力休養を唱えてこれに反対したため、次第に張から冷遇されていく。それでも1922年(民国10年)4月の第1次奉直戦争で張が敗北すると、張は失策を悔悟して、王を奉天省長に任命した。翌年4月に東北大学が創設されると、王が初代校長を兼任した[7][3]

張作霖への隔意、晩年[編集]

軍備を再建した張作霖が再び北京政府中央に介入しようとすると、王永江はこれに反対したが、結局聞き入れられることはなかった。1924年(民国13年)10月、奉天派が第2次奉直戦争に勝利した後に、王は黄郛臨時内閣の内務総長に任じられた。まもなく同内閣が崩壊したため、王も辞職している。1925年(民国14年)2月、善後会議議員となった[8][3]

1926年(民国15年)2月、王永江は各職を辞任して、故郷に戻った。その後も、張作霖の武断政策を諌め、民力休養を勧める文書を奉呈し続けたが、受け入れられることは無かった。また、張も王に政務復帰を望んだが、王は固辞し続けている。晩年の王は、詩作、易経管子研究、医学などに関して著作を残した[9]

1927年(民国16年)11月1日、金州にて病没。享年56(満55歳)[3][10]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 王永江配下の警務隊が軍紀を乱した湯玉麟の部下を逮捕したところ、湯は武力で威嚇してきたが、王は屈しなかった。張作霖が自分を支持しないことに恨みを抱いた湯は、後に馮徳麟が起こした反張蜂起に参加したが、敗北・逃走している[5]

出典[編集]

  1. ^ 徐主編(2007)、85頁。時期を明記していないものの貢生になった、としている。
  2. ^ 武(1993)、109-110頁。
  3. ^ a b c d e f 徐主編(2007)、85頁。
  4. ^ a b 武(1993)、110頁。
  5. ^ 武(1993)、110-111頁。
  6. ^ 武(1993)、110-113頁。
  7. ^ 武(1993)、113頁。
  8. ^ 武(1993)、114頁。
  9. ^ 武(1993)、115-116頁。
  10. ^ 武(1993)、116頁。

参考文献[編集]

  • 武育文「王永江」中国社会科学院近代史研究所 『民国人物伝 第7巻』 中華書局1993年。ISBN 7-101-01052-0。
  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。
  • 浅田次郎中原の虹』(1〜4巻, 講談社, 2006年〜2007年) ISBN 978-4-06-213606-8 & ISBN 978-4-06-213739-3 & ISBN 978-4-06-214071-3 & ISBN 978-4-06-214393-6
  • 澁谷由里『馬賊で見る「満洲」―張作霖のあゆんだ道』(講談社, 2008年) ISBN 978-4-06-2584043
 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
顔恵慶
内務総長
1924年10月 - 11月
次代:
龔心湛