王真 (明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

王真(おうしん、? - 1402年3月)は、明初武将。陝西承宣布政使司西安府咸寧県の人物。

燕王朱棣(後の永楽帝)に仕えた武将で、武功により燕山右護衛百戸に進んだ。永楽帝よりの厚く信任され「諸将も王真のように奮戦せよ。何事か成らざらん」と述べたという。

1399年建文元年)に発生した靖難の変で活躍した。

1402年3月(建文4年)、宿州で燕軍が平安が率いる建文軍と激突した際に敗北、敵に殺害されることを恐れ自殺している。朱棣が永楽帝として即位すると金郷侯に追封られ、忠壮と諡号された。

参考文献[編集]