王立航空協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
王立航空協会の本部

王立航空協会(おうりつこうくうきょうかい、英語:Royal Aeronautical Society、略称: RAeS)はイギリス航空技術に関する学術団体、協会である。1866年に「イギリス航空協会」(The Aeronautical Society of Great Britain)として設立された世界最古の航空協会である。協会のフェローや会員には、それぞれ、FRAeS、CRAeS のポスト・ノミナル・レターズが付される[1]

歴史[編集]

1866年1月に「イギリス航空協会」の名前で設立された[2] 。初期のメンバー、設立メンバーには、気球で高度記録を作った、ジェームズ・グレーシャー、有人飛行に関する先駆的な論文を書いた技術者、フランシス・ウェナム、第8代アーガイル公爵ジョージ・キャンベル、ゴム動力の羽ばたき機(オーニソプター)の模型を作ったフレデリック・ブレアリーらがいた[3]。初年度65人の会員で発足した協会は3年目には106人まで会員を増やした。定期会報を出版し、1868年にはロンドンの水晶宮で大きな博覧会を開催し、ジョン・ストリングフェローの蒸気機関で動く三葉の模型飛行機の公開飛行を行った[4][5][6]。1870年から1871年にはウェナムとブラウニング最初の風洞製作のスポンサーとなった[4]

1918年に名称を王立航空協会と改めた[7] 。1923年に協会誌のタイトルを"Aeronautical Journal" から"Journal of the Royal Aeronautical Society" に改め、1927年に雑誌、"Institution of Aeronautical Engineers Journal"を統合した[8]

1940年に戦時の航空機産業の拡大のに貢献するために、技術部門(Technical Department)を設立し、他の産業から航空機設計に参加する技術者に対する技術的なサポートを行った。この部門は1980年代にEngineering Sciences Data Unit (ESDU) として分離独立した。

[編集]

王立航空協会ゴールド・メダル、シルバー・メダルなどを授与している。王立航空協会ゴールド・メダルは1909年にライト兄弟、1910年にオクターヴ・シャヌート、1950年にジェフリー・デ・ハビランドらが受賞している。

会長[編集]

以下の人物が会長を務めた[9]

出版物[編集]

  • The Journal of the Royal Aeronautical Society: ISSN 0368-3931 (1923–1967)
  • The Aeronautical Quarterly: (1949-1983)
  • Aerospace: (1969-1997)
  • Aerospace International: ISSN 1467-5072 (1997 - 2013)
  • The Aerospace Professional: (1998 - 2013)
  • The Aeronautical Journal: ISSN 0001-9240 (1897 to date)
  • The Journal of Aeronautical History: (2011 to date)
  • AEROSPACE: ISSN 2052-451X (2013 to date)


参考文献[編集]

  1. ^ Royal Aeronautical Society, Become a Member”. aerosociety.com. 2016年9月20日閲覧。
  2. ^ Little, Andrew (2000). “The Royal Aeronautical Society”. Air & Space Europe (Elsevier) 2 (3): 80–83. doi:10.1016/S1290-0958(00)80071-4. 
  3. ^ History Of The Society”. Royal Aeronautical Society (2014年). 2016年1月27日閲覧。
  4. ^ a b The Aeronautical Journal. Royal Aeronautical Society. (July 1908). p. 97. https://books.google.com/books/download/Journal_of_the_Royal_Aeronautical_Societ.pdf?id=FEgjAQAAIAAJ&output=pdf&sig=ACfU3U0wCFHgmfBn80P7vvWUwbnA_TNWug 2016年1月27日閲覧。. 
  5. ^ Bloobottle Studio. “Chard Museum”. chardmuseum.co.uk. 2016年1月27日閲覧。
  6. ^ Penrose, Harald (1988). An Ancient Air: A Biography of John Stringfellow of Chard, The Victorian Aeronautical Pioneer. Shrewsbury: Airlife Publishing Ltd.. ISBN 9781853100475. 
  7. ^ Isbister, W. (2016年). “Division History pre-1927”. Royal Aeronautical Society Australian Division. 2016年1月27日閲覧。
  8. ^ Aeronautical and Space Serial Publications: a world list. 1962. Science and Technology Division, Reference Department, Library of Congress. Washington, DC: U.S Government Printing Office. p. 73 refers to this journal.
  9. ^ Past Presidents, Royal Aeronautical Society (Retrieved 17 Oct 2016).
  10. ^ a b c “Society Worthies...”, Flight International 89 (2965): pp. 65–70, (6 January 1966), https://www.flightglobal.com/pdfarchive/view/1966/1966%20-%200104.html 2013年4月6日閲覧。.