王立陸軍歯科軍団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
王立陸軍歯科軍団
創設 1921年
所属政体 イギリスの旗 イギリス
所属組織 イギリス陸軍
標語 Ex Dentibus Entis
上級単位 陸軍医療部英語版
主な戦歴 第二次世界大戦
テンプレートを表示

王立陸軍歯科軍団英語: Royal Army Dental CorpsRADC)は、イギリス陸軍歯科医が所属する部隊で、戦時、平時を問わず英国陸軍の兵士とその家族に口腔衛生サービスを提供する。陸軍医療部英語版隷下である。名誉部隊長はグロスター公爵夫人バージット

歴史[編集]

1660年頃から英国陸軍では、連隊の軍医が歯科治療を提供してきたが、王立陸軍医療軍団英語版の下に正式に歯科部門が設立されたのは1901年になってからであった[1]1921年、歯科部門が分離され陸軍歯科軍団Army Dental Corps)が創設される。1946年11月、第二次世界大戦における貢献が認められ、「Royal」(=王立)の接頭辞が付与された[2]

概要[編集]

所属する歯科医は全員士官である。歯科衛生士、歯科看護師、歯科技工士下士官である[3]

第二次大戦の前までは、新兵には157cm以上の身長と30歳以下の年齢が要求されていた。兵士達は7年間現役に服し、その後5年間予備役に入る。新兵はハンプシャーオールダーショットにあるクロッカム・キャンプ(クロッカム駐屯地、Crockham Camp)の軍団本部にて訓練を受けた後、専門分野についての課程に入る。

脚注[編集]

  1. ^ Royal Army Dental Corps Historical Museum”. 2014年5月9日閲覧。
  2. ^ Royal Army Dental Corps”. National Archives. 2014年5月9日閲覧。
  3. ^ Royal Army Dental Corps: Soldier careers”. 2014年5月9日閲覧。