王連 (蜀漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

王 連(おう れん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代にかけての人。蜀漢の政治家。字は文儀荊州南陽郡の出身。蜀書に伝がある。子は王山。

略歴[編集]

劉璋の時代に益州に移り、梓潼県令に任命された。建安18年(213年)、劉備軍が葭萌から成都に侵攻を開始し、南進して梓潼に到ったが、王連は城門を閉ざして降伏しなかった。劉備はこれを義と感じて強いて攻めようとはしなかった。益州平定後に劉備から、什邡県令、のち広都県令に任命され、それぞれの地で治績をあげた。その後、司塩校尉に昇進した。彼の下で行われた塩と鉄の専売により、蜀漢は国庫の収入は大幅に増加させた。また良才を持った人間を選抜して官につけるよう推薦し、呂乂・杜祺・劉幹といったものたちを典曹都尉として取り立てた。彼らが後に高位に上ったのは王連が抜擢したことによるものだった。また、蜀郡太守・興業将軍に昇進した後も、引き続き塩府の仕事を担当した。

建興元年(223年)、屯騎校尉に昇進し、丞相長史を兼務。平陽亭侯に封ぜられた。益州南方の四郡が呉と通じて大規模な反乱を起こした。これを諸葛亮が自ら南征に赴こうとした際には「南方は不毛の荒れ地で、風土病の多い土地です。一国の期待を担う人物が、危険を犯し出掛けるべきではありません」、と諫言した。 諸葛亮は緒将の才略が自分に及ばないことを心配したためあくまで出陣を主張した。これに対して王連は懇切を尽くして持論を繰り返したため彼の存命中は諸葛亮も成都に留まっていた。しかし彼がまもなく亡くなったため、やはり南征に出発することとなった。後主伝によると、諸葛亮が南征を実施したのは建興3年(225年)のことである。

子の王山が爵位を継ぎ官位は江陽太守まで出世した。

陳寿はその節義が固く移ろわず特筆する人物であると評している。また季漢輔臣賛ではその行いは世の規範であり軍資を増やしてこれに当てたことを称えている。

三国志演義では孟獲が反乱を起こした際に討伐に向かおうとした諸葛亮を諌める場面のみの登場となっている。

参考書籍[編集]

『三国志』蜀書 王連伝、呂乂伝