玖保キリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玖保 キリコ(くぼ きりこ、1959年5月21日[1] - )は、日本の女性[1]漫画家東京都文京区出身[1]。本名・福住 幸恵[2]東洋大学文学部英米文学科卒業[1]。東京の大学で英米文学を教えていたイギリス人と結婚し1996年に渡英し[3]、現在はロンドン在住。

概要[編集]

1982年LaLa』掲載の「物思いモノローグ」でデビュー。『シニカル・ヒステリー・アワー』の連載で人気を得る。『いまどきのこども』で、男性読者にも知られるようになった。

ピッキーピクニックというバンドにも参加している。

小学館の『マミイ』の表紙に、2000年4月号から2007年9月号までイラストレーションを掲載した。

主な作品[編集]

  • シニカル・ヒステリー・アワー(1982-95年、白泉社 LaLa、全13巻)のち文庫
    • くるくるシニカル(2005年 - 、白泉社 Silky
  • いまどきのこども(1986年 - 1994年、小学館 ビッグコミックスピリッツ小学一年生・小学六年生、全13巻)のち文庫
  • シンプルマインズ 白泉社、1987
  • アレルジィ 白泉社、1988
  • キリコのコリクツ(エッセイ)本本堂、1989 のち角川文庫
  • 女社長(1991-93年、小学館 ビッグコミックスピリッツ、全3巻)
  • キリコのドッキリコ みぢかなところにキケンがいっぱい 角川文庫 1992.9
  • 夫とその妻 マガジンハウス 1992.3
  • 現代犯罪図鑑 別役実共著 岩波書店 1992.3
  • バケツでごはん (1993-96年、小学館 ビッグコミックスピリッツ、全8巻)のち文庫
  • それなりのジョーシキ 角川書店 1994 のち文庫
  • 電脳繁盛記 毎日コミュニケーションズ 1996.3
  • 非常識がジョーシキ 角川書店 1996 のち文庫
  • ジョーシキ一本釣り 角川書店 1997 のち文庫
  • はんきいぱんきい 白泉社 1997.8
  • ちょべりぶ 全3巻 小学館 1998―99
  • ホテルニューからまつ 文藝春秋 1998.3
  • キリコ百貨店 節分ショー(2000/2、小学館 My First Big)
  • キリコ百貨店 祝ひな祭り(2000/3、小学館 My First Big)
  • キリコ工場 (2000/5、白泉社 ジェッツコミックス)
  • キリコ・ロンドン 角川書店 2000.8
  • カエル屋敷のベンジャミン 小学館 2001.5(ビッグコミックスペリオール
  • 動物占い
  • アニマルマニア 全3巻、小学館(2000-02年、ビッグコミックスピリッツ)
  • となりのモモゴン 岩崎書店 2002.11
  • 中級キリコ・ロンドン 角川書店 2002.12
  • しましまおばけ 白泉社 2003.11
  • モモゴンのクリスマス 岩崎書店 2003.11
  • ヒメママ 全3巻、2007-09 (ウフ、マガジンハウス
  • くるくるシニカル 帰ってきたツネコちゃん 白泉社 2007.9
  • 三匹、おうちにいる(母の友、福音館書店
  • てきとーロンドナー(2009年 - 、Silky、白泉社)※連載中
  • ロンドン丼 英国暮らしは毎日がドッキリコ!(2012/7/27、角川書店)

注釈[編集]

  1. ^ a b c d まんがseek・日外アソシエーツ共著『漫画家人名事典』日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、133頁
  2. ^ 四方田犬彦『待つことの悦び』P. 99
  3. ^ 漫画家 玖保キリコさん - ジャパンアップデート