出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
琉球国北山王
在位 1393年 - 1395年または1400年

全名
居城 今帰仁城
出生
死去 1400年または1395年
王世子 攀安知
王朝 怕尼芝王統
父親 怕尼芝王
テンプレートを表示

(みん、? - 1400年または1395年 在位:1393年 - 1395年または1400年)は沖縄の歴史書に登場する北山王である。世子は攀安知

北山・怕尼芝王統の2代目であり、先代の怕尼芝の長男である。

珉は、1394年に、明へ朝貢した記録が残っている。

系譜[編集]

(系譜は伝記による[1]

  • 父:怕尼芝(後北山王)
  • 母:不詳
  • 妃:不詳
  • 世子:攀安知(後北山王)
  • 次男:湧川按司

脚注[編集]

  1. ^ 東江長太郎「古琉球三山由来記集」(1989年) 那覇出版社、通俗琉球北山由来記の系譜

関連項目[編集]