現世 (地球科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
地質時代新生代[1][2]
累代 基底年代
Mya[3]
顕生代 新生代 第四紀 完新世 メーガーラヤン 0.0042

ノースグリッピアン 0.0082

グリーンランディアン 0.0117

更新世 後期更新世 0.126
チバニアン 0.781
カラブリアン 1.8
ジェラシアン 2.58
新第三紀 鮮新世 ピアセンジアン 3.6
ザンクリアン 5.333
中新世 メッシニアン 7.246
トートニアン 11.63
サーラバリアン 13.82
ランギアン 15.97
バーディガリアン 20.44
アキタニアン 23.03
古第三紀 漸新世 チャッティアン 27.82
ルペリアン 33.9
始新世 プリアボニアン 37.8
バートニアン 41.2
ルテシアン 47.8
ヤプレシアン 56
暁新世 サネティアン 59.2
セランディアン 59.2
ダニアン 66
中生代 251.902

古生代 541
原生代 2500
太古代[4] 4000
冥王代 4600

地質学を始めとする地球科学における現世(げんせ)とは、「現在の、 (epoch) 」を意味する呼称であり、地質時代のうちの新生代第四紀完新世を指す表現である。

「完新世」という地質時代区分も「現在」を基準としている主観的なものであるが、「今この時が属している地質時代」といういっそう主観的なニュアンスを表そうとする場合に、「現世」という語が用いられる。

用例を挙げるならば次のとおり。

  1. ヒト亜科の生存期間は、約700万年前もしくは約600万年前(新生代新第三紀中新世末期) - 現世(第四紀完新世)。
  2. 項目「イヌ」や「ワニ」、「鳥類」の右上段にあるテンプレートを参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 基底年代の数値では、この表と本文中の記述では、異なる出典によるため違う場合もある。
  2. ^ 基底年代の更新履歴
  3. ^ 百万年前
  4. ^ 「始生代」の新名称、日本地質学会が2018年7月に改訂