現世 (地球科学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

地質学を始めとする地球科学における現世(げんせ)とは、「現在の、 (epoch) 」を意味する呼称であり、地質時代のうちの新生代第四紀完新世を指す表現である。

「完新世」という地質時代区分も「現在」を基準としている主観的なものであるが、「今この時が属している地質時代」といういっそう主観的なニュアンスを表そうとする場合に、「現世」という語が用いられる。

用例を挙げるならば次のとおり。

  1. ヒト亜科の生存期間は、約700万年前もしくは約600万年前(新生代新第三紀中新世末期) - 現世(第四紀完新世)。
  2. 項目「イヌ」や「ワニ」、「鳥類」の右上段にあるテンプレートを参照。

参考文献[編集]

関連項目[編集]