文学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

文学部(ぶんがくぶ)あるいは人文学部は、「人間の生み出した文化」もしくは「人間そのものとしての在り方」についての教育研究を行う学部である。主に思想歴史言語文化 (文学/言語学)・行動科学の4領域を扱う[1]。ただし以下に述べるとおり、実際の教育及び研究領域は、大学により大きく異なる。また2005年上智大学が文学部から一部専攻を独立させ「総合人間科学部」を設立した例に見られるように、近年は行動科学系の分野は別個の学部として設置されることが多い[2]学位は主に学士(文学)など。

主な専攻[編集]

大学によって異なるが、下記のような分野を専攻できる。

特徴[編集]

文学部には明治以来、「哲・史・文」、すなわち哲学・史学・文学の三つの分野を柱にした学科が置かれてきた[3]。哲学分野には教育学、心理学、社会学などの学科があり、史学には日本史、東洋史、西洋史、考古学など、文学には国文学(日本文学)、英米文学、ドイツ文学、フランス文学、中国文学などの学科がある[3]。これら独立性の高い多くの学科が並存するというのが、文学部の一般的な姿である[3]

社会の変化に伴ってそれぞれの学問分野で扱う領域が拡大し、従来の学科の枠を超える研究が盛んに行われるようになり、創作を志したり、演劇や映像の分野を志向する者も増えている[3]。それらの課題に対応する形で、以下の動きが活発になってきた[3]

  • 1学科多専修方式 - 学科を人文社会学科や総合人文学科など一つにまとめ、その中に文学、史学、教育学、心理学などの多様な専修や専攻を置く。入試は学科一括募集とし、1年次は専修を選ぶための導入教育を行い、2年次から専修に分かれるシステムを採る大学が多い。
  • 少数学科多専修方式 - 既存学科を哲学・思想系、史学系、文学・語学系など系統ごとに大括りにして、従来の学科を再編成し、専修や専攻として置く。
  • 副専攻方式 - ほかの学部でも急速に増えているシステムで、主専攻以外に、もう一つ専攻を決めて学ぶ。「ダブルメジャー」とも呼ばれる。一つは、自分の所属以外の学科の中から副専攻を選ぶパターン。もう一つ、学科間の学際的領域を副専攻用のコースとして設けるパターンがある。

文学部を持つ日本の大学[編集]

国立[編集]

なお、筑波大学では人文・文化学群、金沢大学では人間社会学域の人文学類が文学部に相当する。

公立[編集]

私立[編集]

人文学部を持つ日本の大学[編集]

文化学系学部を持つ日本の大学[編集]

公立[編集]

私立[編集]

近接する学部[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京大学ホームページ「文学部について」
  2. ^ 実験や理数系的手法が用いられるなど、他3領域とは異なるう部分が多い。
  3. ^ a b c d e 伝統学部改革の断面図 第2回[文学部 教育ジャーナリスト 豊島継男 問題点と改革の方向性 Between 2005.6,7 -ベネッセ教育総合研究所]”. berd.benesse.jp. 2020年6月24日閲覧。

関連項目[編集]