球辞苑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
球辞苑
ジャンル スポーツ番組
バラエティ番組
出演者 塙宣之
オープニング イングヴェイ・マルムスティーンチェコ・フィルハーモニー管弦楽団エレクトリック・ギターとオーケストラのための協奏組曲 変ホ短調『新世紀』」第11曲「プレスト・ビバーチェ」
製作
プロデューサー 安出光伸(制作統括)
江刺一誠(制作統括)
制作 NHK(放送波はBS1
放送
音声形式ステレオ
放送国・地域日本の旗 日本
球辞苑 - NHK
第1回特番放送
放送期間2014年8月11日
放送時間20:00 - 20:50
放送分50分
回数1
第2回特番放送
放送期間2014年11月14日
放送時間23:00 - 23:49
放送分49分
回数1
第1期レギュラー放送(スポーツ・ラボ枠)
放送期間2015年4月24日 - 8月30日
放送時間日曜 21:00 - 21:49
放送分49分
回数3
第3回特番放送
放送期間2015年12月29日
放送時間20:00 - 21:50
放送分110分
回数1
第2期レギュラー放送
放送期間2016年11月12日 - 2017年3月25日
放送時間土曜 23:00 - 23:50
放送分50分
回数15
第3期レギュラー放送
放送期間2017年11月11日 - 2018年3月17日
放送時間土曜 23:00 - 23:50
放送分50分
回数11
第4期レギュラー放送
放送期間2018年11月10日 - 2019年3月30日
放送時間土曜 23:00 - 23:50
放送分50分
回数13
第5期レギュラー放送
放送期間2019年12月1日 - 2020年3月21日
放送時間土曜 23:00 - 23:50
放送分50分
回数11
第6期レギュラー放送
放送期間2020年12月5日 - 2021年3月20日
放送時間土曜 23:00 - 23:50
放送分50分
回数11
テンプレートを表示

球辞苑 〜プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち〜』(きゅうじえん プロやきゅうがひゃくばいたのしくなるキーワードたち)は、NHK BS1で放送されている野球を題材とした情報バラエティ番組。

概要[編集]

「野球にまつわる究極の辞典」をコンセプトにした野球番組。

毎回1つのキーワードを編纂するべく、選手・研究者の証言VTRを基にスタジオトークで研究していく。証言VTRの拝見後、スタジオのパネラーが各々の見解を述べ、そこから最適なものを「編集部のまとめ」として採用する。

2014年8月の日本プロ野球80周年3夜連続特番の一環として第1回を放送し[1]、その後11月に第2回を放送。2015年度は「スポーツ・ラボ」枠にて不定期番組として第1シリーズの3回を放送した後年末特番を放送、2016年度よりプロ野球オフシーズンとなる11月から3月にレギュラー放送。2018年度はプロ野球シーズン中にも「プレ編」として視聴者からリクエストされた用語や注目シーンを中心に取り上げる不定期放送を実施。

「ホーム・スチール」の回は第6回衛星放送協会オリジナル番組アワードオリジナル番組賞情報番組・教養番組部門最優秀賞を受賞した[2]

秋山翔吾が本番組の「流し打ち」の回を視聴したのをきっかけとしてアベレージヒッターを志向するなど、現役のプロ野球選手にも影響を与えている[3]

出演者[編集]

  • 編集長 - 徳井義実 (チュートリアル 第1 - 47回)
  • 記者 → 編集長代理 - 塙宣之 (ナイツ)
  • 記者(オリックス担当) - 岡田圭右(ますだおかだ 第48、52、57回)
  • ナレーター - 土屋伸之 (ナイツ)[4]
  • 編集委員
    • キビタキビオ(フリーライター 第2回 - )
    • データスタジアムアナリスト
      • 金沢慧(第3 - 12、14、17、23、33、39 - 40、51、54、63回)
      • 竹石健太郎(第13、15、16、19 - 22、26 - 32回)
      • 佐々木浩哉(第24、34、36、44 - 45、48 - 49、60、68回)
      • 佐藤優太(第35、37、43、46、50、52、61、65、67回)
      • 小林展久(第47回)
      • 山内優太(第53、56、64、66、69回)

放送リスト[編集]

※ 所属名はすべて放送当時。

2014 - 2015年度[編集]

特番・第1シリーズ
シリーズ # 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
特番 01 2014年
8月11日
SFF[5][6] 小宮山悟
森高夕次
石橋秀幸[7]
02 11月14日 流し打ち[8] 田尾安志
石橋秀幸
第1期 03 2015年
4月26日
ファースト 宮本慎也
04 8月23日 アンダースロー 里崎智也
05 8月30日 ホーム・スチール 田口壮
特番 06 12月29日 2015改訂版スペシャル[9][10] 里崎智也
川﨑宗則
秋山翔吾(西武)

2016年度[編集]

第2シリーズ
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
07 2016年
11月12日
クイックモーション 里崎智也
08 11月26日 スイッチヒッター 高橋慶彦
09 12月3日 インハイ 川口和久
10 12月10日 外野手の補殺 和田一浩
11 12月24日 リード(離塁) 松本匡史
12 2017年
1月14日
ホームランキャッチ 田口壮
13 1月21日 ファウル 里崎智也
14 1月28日 球持ち 吉井理人
15 2月4日 六番打者 宮本慎也
16 2月11日 満塁 里崎智也
17 2月18日 左殺し 清川栄治
18 2月25日 ストレート 今中慎二
神事努
19 3月11日 フルカウント 谷繁元信
20 3月18日 ゲッツー 立浪和義
21 3月25日 開幕直前スペシャル[12] 里崎智也

2017年度[編集]

1月まで新作を放送し、2月は平昌オリンピック中継で休止し3月は再放送の後下旬にメジャーリーグ開幕に合わせた特番を放送。

第3シリーズ
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
22 2017年
11月11日
初球 里崎智也
片岡治大
23 11月25日 けん制 里崎智也
鈴木尚広
24 12月2日 敬遠 川口和久
25 12月9日 グリップ 篠塚和典
中村紀洋
26 12月16日 内野安打 石井琢朗
(ヤクルトコーチ)
27 12月23日 2017年改訂版 里崎智也
上原浩治
28 2018年
1月6日
引っ張り 里崎智也
秋山翔吾(西武)
29 1月13日 カーブ 今中慎二
里崎智也
秋山翔吾(西武)
30 1月20日 三遊間 山下大輔
31 1月27日 犠牲フライ 和田一浩
32 3月29日 MLB開幕直前スペシャル[9] 岡島秀樹
里崎智也
岩村明憲
AKI猪瀬

2018年度[編集]

プレ編
# 放送日 プレ編 スタジオゲスト VTRゲスト 放送内容
33 2018年
5月25日
5月 里崎智也 ランディ・ジョンソン
34 7月22日 7月 里崎智也[14] スティーブン・ライト(BOS)
第4シリーズ
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
35 2018年
11月10日
悪球打ち 駒田徳広
36 12月1日 三盗 鈴木尚広
里崎智也
37 12月8日 アウトロー 杉内俊哉
里崎智也
38 12月15日 三塁打 本多雄一
里崎智也
39 12月22日 2018改訂版 秋山翔吾
里崎智也
40 2019年
1月12日
カットボール 武田一浩
里崎智也
神事努
41 1月26日 ブルペン 岡島秀樹
里崎智也
42 2月16日 審判 井野修
西山秀二
43 3月2日 代打 八木裕
44 3月9日 テキサスヒット 井端弘和
里崎智也
45 3月16日 一・三塁[15] 仁志敏久
里崎智也
46 3月28日 2019開幕スペシャル[16] 川相昌弘
達川光男
47 3月30日 視聴者リクエスト 里崎智也

2019年度[編集]

2019年は当初10月28日から新作を放送する予定だったが[17][18]、直前に編集長を務めてきた徳井に不祥事が発生したため、12月1日からの放送に延期となった[19]。徳井は降板となり[20][21]、前シーズンまで記者としてレギュラー出演してきた塙宣之が編集長代行(司会)に昇格することを11月28日に番組公式ホームページにて発表した[18][19][22][23]

第5シリーズ
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
48 2019年
12月1日
初回[24][26] 秋山翔吾
上原浩治
里崎智也
岡田圭右ますだおかだ[19]
49 12月7日 ベースコーチ 里崎智也
平野謙
松尾陽介(ザブングル[23]
50 12月14日 マウンド~プレート含む 里崎智也
佐藤義則
西村真二ラフレクラン
51 12月21日 2019改訂版 里崎智也
山崎康晃(DeNA)[27]
吉川正洋(ダーリンハニー[27]
52 2020年
1月11日
九番打者 金子誠
里崎智也
岡田圭右(ますだおかだ)
53 2月1日 チェンジアップ 成瀬善久
里崎智也
松陰寺太勇(ぺこぱ
54 2月15日 特別編 奇策・裏ワザ集[28] 里崎智也
55 2月22日 ノック 川相昌弘
里崎智也
溜口佑太朗(ラブレターズ
56 2月29日 選球眼 掛布雅之
小沢一敬スピードワゴン
57 3月14日 ネクストバッターズサークル 真中満
里崎智也
岡田圭右(ますだおかだ)
58 3月21日 応援 里崎智也
スージー鈴木
松陰寺太勇(ぺこぱ)
吉川正洋(ダーリンハニー)

2020年度[編集]

新型コロナウイルスの感染拡大問題を受け、大幅に延期された6月19日の開幕戦前日に臨時増刊号を放映。12月5日から放送開始。12月中は毎週放映されたが、1月16日から3月13日までは新作と再放送が交互に放送された。

増刊号
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
59 2020年
6月18日
2020臨時増刊号 桑田真澄
里崎智也
第6シリーズ
# 放送日 テーマ スタジオゲスト VTRゲスト
60 2020年
12月5日
ど真ん中 桑田真澄
真中満
中居正広
小沢一敬(スピードワゴン)
61 12月12日 エラー 井端弘和
下柳剛
前田裕太(ティモンディ
62 12月19日 スタンス 秋山翔吾(CIN
掛布雅之
里崎智也
今野浩喜
63 12月26日 2020改訂版 秋山翔吾(CIN)
吉見一起
里崎智也
中居正広
64 2021年
1月16日
ワンポイントリリーフ 角盈男
里崎智也
岡田圭右(ますだおかだ)
65 1月30日 ヒットエンドラン 宮本慎也
里崎智也
小沢一敬(スピードワゴン)
66 2月13日[29] シンカー 山中浩史
里崎智也
神事努
レッド吉田(TIM)
67 2月27日 連続記録 谷繁元信
小林雅英
松尾陽介
68 3月13日 指名打者(DH)[30] 松中信彦
里崎智也
小沢一敬(スピードワゴン)
69 3月20日 完投 川崎憲次郎
里崎智也
小沢一敬(スピードワゴン)


スタッフ[編集]

  • 資料提供:データスタジアム
  • 構成:吉野宏、向山佳綱
  • ディレクター:井出雄一、片岡義就、財田正剛
  • 演出:中澤智有
  • プロデューサー:石津多恵子
  • 制作統括:嘉悦登、江刺一誠
  • 制作:NHKエンタープライズ、万作
  • 制作著作:NHK

収録場所[編集]

出典・脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ■番組知っ得情報■BS1 3夜連続放送! プロ野球関連特集番組 by 楠永雅英”. NHK BSオンライン. 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ オリジナル番組アワード|衛星放送協会について”. 衛星放送協会. 2016年11月13日閲覧。
  3. ^ 秋山翔吾「技術と心-至高の打撃・野球道&精神力探求バイブル-」(廣済堂出版)
  4. ^ 第28回は土屋の体調不良のため、塙が代理で行った。2018年2月5日の再放送版では、改めて土屋で取り直したものが放送された
  5. ^ NHKネットクラブ 番組詳細 球辞苑「スプリット・フィンガード・ファストボール」”. 2016年11月13日閲覧。
  6. ^ 8月11日│ 超高性能ピッチングマシン(バッティングマシン) トップガン
  7. ^ フェアプレイ・データ代表、元広島トレーニングコーチ
  8. ^ NHKネットクラブ 番組詳細 球辞苑「流し打ち」”. 2014年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月13日閲覧。
  9. ^ a b 20:00 - 21:50放送。
  10. ^ 神宮球場ロッカールームにて、2015年のプロ野球を振り返りながら番組でこれまで取り上げたテーマを再検証する。
  11. ^ 永射は放送4ヶ月後の2017年6月24日に肝臓癌のため死去。本番組が最後のメディア出演となった。
  12. ^ 23:00 - 0:50放送。
  13. ^ 10位:配球 9位:グローブ、8位:スクイズ、7位:シフト、6位:サイン、5位:審判、4位:捕手のキャッチング、3位:代打、2位:けん制、1位:二塁打 少数意見:バット投げ、隠し球
  14. ^ 野球中継解説(ZOZOマリンスタジアムのロッテ戦)に向かうため、途中退席。今シーズンの注目すべきシーンの「亀澤恭平の内野安打」、MLB開幕直前スペシャル未公開VTRには参加せず。
  15. ^ 21:00 - 21:50放送。
  16. ^ 19:00 - 20:50放送。テーマは「犠打(スクイズは含まない)」
  17. ^ 2019年度 後半期の国内放送番組の編成について”. 日本放送協会(2019年9月18日作成). p. 11. 2019年10月29日閲覧。
  18. ^ a b ナイツ塙「前の司会が登録抹消されまして…」球辞苑 徳井に代わって初司会で意欲”. デイリースポーツ(2019年11月29日作成). 2019年12月1日閲覧。
  19. ^ a b c BS1「球辞苑」新MCに「ナイツ」塙宣之 チュート徳井から交代”. スポーツニッポン(2019年11月28日作成). 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ NHKいだてん、徳井出演シーン可能な限りカット”. 日刊スポーツ(2019年10月29日作成). 2019年10月29日閲覧。
  21. ^ チュート徳井「疫病神」NHK内で罵声 被害甚大!編集作業の嵐”. 東京スポーツ(2019年11月2日作成). 2019年11月2日閲覧。
  22. ^ NHK「球辞苑」チュート徳井降板で新MCナイツ塙”. 日刊スポーツ(2019年11月28日作成). 2019年12月1日閲覧。
  23. ^ a b 徳井自粛の球辞苑にザブングル松尾が登場 ナイツ塙「あなたが来るとややこしい!」”. デイリースポーツ(2019年12月9日作成). 2019年12月12日閲覧。
  24. ^ 22:00 - 23:49生放送(中断『BSニュース』挿入あり)。
  25. ^ NHK編成センター@nhk_henseiのツイート(2019年12月11日作成)”. 2019年12月12日閲覧。
  26. ^ 地上波・総合テレビでも2019年12月12日(11日深夜)1:55-3:35に放送した(北海道で発生した地震に伴う特設ニュース放送のため、10分繰り下げ)[25]
  27. ^ a b c 2019年の加筆修正!ゲストはハマの守護神・山崎康晃”. 日本放送協会(2019年12月17日作成). 2019年12月22日閲覧。
  28. ^ 過去のVTRゲストの映像を使用した特別編。スタジオは新収録。
  29. ^ 23時8分に福島・宮城で震度6強の地震が発生。緊急地震速報に切り替わったため、23時9分で中断となった。2月15日20時に再放送された(再放送は元々の予定通りで、中断とは関係ない)
  30. ^ 番組表やNHKのHPでは「指名打者」となっていたが、番組中では終始「DH」と表示されていた。
  31. ^ 過去取材の未公開映像の中から使用
  32. ^ 早稲田スコットホールギャラリー”. 早稲田奉仕園. 2017年11月11日閲覧。
  33. ^ |球辞苑^_^|宮本慎也オフィシャルブログ「球道即人道」”. 宮本慎也. 2015年4月9日閲覧。
  34. ^ TRUNK BY SHOTO GALLERY 3RD SPACE”. TRUNK BY SHOTO GALLERY. 2017年11月11日閲覧。
  35. ^ 第22回で塙に会場が変わったことを指摘され、テロップで「※今回の編集会議は渋谷の第2会議室で行われています。」と紹介。また里崎の後ろに額に入った「SYOTO GALLARY」(ここだけ「SHOTO」表記ではない)と書かれたエンブレムが見える。