球速

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

球速(きゅうそく)はの速さを意味する。野球ソフトボールテニスボウリング等の投球に対して使う用語である。

野球[編集]

プロ(男子)の投手で130 km/hから165 km/h程度の球速の初速を投げる。変化球スライダーシュートが120〜140 km/h程度、カーブチェンジアップは90〜120 km/h程度と遅い。

球速は速いほどボールを目で追う事が難しくなり、打者までボールが到達する時間が短くもなるので、正確にバットで捉えることが難しくなる。特に速い球は快速球剛速球と呼ばれるが、厳密な定義は無く、140 km/h後半や150 km/h台の速球がそう呼ばれたりする[1][2]。これらを投げる投手は球の速さを武器とする場合が多い。逆に130 km/h程度の速球は遅いとされ[3]、速い球を投げられない投手はコントロールや変化球を武器に投球することが多い。

ソフトボール[編集]

男子で120 km/h、女子で100 km/h前後が一流選手の一般的な球速である。ボールの大きさや投法の影響で野球ほどの球速は出ない。野球とはマウンドからホームベースまでの距離が異なるため(野球は18.44m、ソフトボールは13.11m)、到達時間で考えると、ソフトボールの114 km/hで野球の160 km/hに相当する。オリンピックに出場した日本の上野由岐子が119 km/hのボールを投げ、野球で言うと167 km/h相当の球だとして話題になった[4]。また、男子では130 km/h以上のボールを投げる選手もいる[5]

テニス[編集]

テニスの大きな大会では、サービスの速度が会場の電光掲示板に表示される[6]ルゼドルスキーが1999年に239.7km/hを記録しているほか、松岡修造が216km/hを記録している。

その他[編集]

ボウリングで55km/h、ハンドボール100km/h以上、サッカー132km/h、ゴルフ328km/h、バドミントン493km/hという調査がある[7]

記録[編集]

野球の球速のギネス記録としては赤外線レーダーによる精密測定で、1974年に記録されたノーラン・ライアンの100.9mph(約162.4 km/h)が認定されている。

現在、メジャーリーグでは、スポートビジョン社の開発した「PITCH f/x」という投球解析装置が2006年のポストシーズンから各球場へ設置され始めた。「PITCH f/x」は現在メジャーリーグ全球場に共通の機種が設置されており、MLB公式ホームページの1球速報「Gameday」でデータが一般公開されている。3方向から投球を解析するこの装置の導入により、球速に限らず投手のリリースポイントやボールの回転数、変化球の曲がり具合、落差などを解析することが可能となり、スピードガンの問題点であった機種や設置場所による精度の違いを克服した。PITCH f/xの他にも、ドップラー・レーダーを利用して投手のリリースポイントと、そこからのボールの移動速度やボールの回転数、回転速度を計測して「ボールの伸び」を解析する装置がデンマークのトラックマン社によって開発されている。PITCH f/xによる測定では、2010年9月24日にアロルディス・チャップマンが記録した105.1mph(約169.1km/h)が最高球速記録である。

日本プロ野球でスピードガンにより表示されたもの[編集]

日本のプロ野球(ポストシーズンも含む)の野球場のディスプレイ装置に表示されたものを明記する。報道などによって誤表示報道がなされたものでも球速は判断者が曖昧なので記録を明記する。

選手名 所属 表示数値 記録日 球場 出典
大谷翔平 日本ハム 165 km/h 2016年10月16日 札幌ドーム [8]
マーク・クルーン 巨人 162 km/h 2008年6月1日 福岡 Yahoo! JAPANドーム [9]
由規 ヤクルト 161 km/h 2010年8月26日 明治神宮野球場 [9]
ロベルト・スアレス ソフトバンク 2016年10月14日 札幌ドーム [10]
ラファエル・ドリス 阪神 2017年8月29日 阪神甲子園球場
林昌勇 ヤクルト 160 km/h 2009年5月15日 明治神宮野球場 [9]
スコット・マシソン 巨人 2012年7月5日 横浜スタジアム [9]
藤浪晋太郎 阪神 2016年9月14日 阪神甲子園球場 [11]

太字はプロ球団に現役選手として在籍中の選手。

脚注[編集]

  1. ^ 岐阜新聞社, 岐阜大会ベスト4までの軌跡, http://www.gifu-np.co.jp/2008koya/kj20080724_1.shtml 2010年2月23日閲覧。 
  2. ^ 日刊スポーツ (2008-2-7), 「松坂大輔スタジアム」公開、剛速球体感, http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/p-bb-tp2-20080207-317731.html 2010年2月23日閲覧。 
  3. ^ 中日スポーツ (2007-2-13), 菊地、福留を幻惑 MAX133キロ遅球で2打数無安打, http://www.chunichi.co.jp/chuspo/hold/dragons/news/2007/200702/CK2007032302102907.html 2010年2月23日閲覧。 
  4. ^ 産経ニュース (2008-7-29), 【明解要解】ソフトボール「金」へ カギ握る上野, http://sankei.jp.msn.com/beijing2008/news/080729/gba0807291602000-n1.htm 2010年2月23日閲覧。 
  5. ^ 日刊スポーツ (2003-7-30), 日本女子ソフト 史上初めて男子との練習マッチ実現, http://www.nikkansports.com/ns/sports/sportsnow/030730.html 2010年2月23日閲覧。 
  6. ^ テニスにおけるストリングテンションとサービス速度の考察 p178、神和住純、2016年11月13日閲覧。
  7. ^ 野球は時速159キロ、最速は意外なあの競技! いろんなスポーツの「球速」を調べてみた マイナビ、2016年11月13日閲覧。
  8. ^ 日本ハム大谷、プロ野球最速165キロ CS最終第5戦”. asahi.com. 2016年10月16日閲覧。
  9. ^ a b c d 日本球界最速はクルーン162キロ、日本人最速は由規”. スポーツニッポン. 2015年3月14日閲覧。
  10. ^ 【パ・リーグCS】ソフトB・スアレスが自己最速161キロ「個人的にはうれしい」”. 東スポweb. 2016年9月15日閲覧。
  11. ^ 阪神藤浪、日本人3人目160キロでも…3失点”. nikkansports.com. 2016年9月15日閲覧。