琉球デイゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
琉球デイゴス
原語表記 琉球デイゴス
クラブカラー     赤、   
創設年 2014年
所属リーグ 九州女子サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 沖縄県浦添市
運営法人 株式会社沖縄ウィメンズスポーツクラブ
代表者 日本の旗 神川大樹
監督 日本の旗 山木里恵
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ

琉球デイゴス(りゅうきゅうデイゴス、RYUKYU DEIGOS)は、沖縄県浦添市を本拠地とする女子サッカーチーム。2018年シーズンより全保連株式会社とのネーミングライツ契約によりチーム名を「全保連琉球デイゴス」としている。

2018年は、九州女子サッカーリーグ1部に所属する。

概要[編集]

2014年7月設立。数年後のなでしこチャレンジリーグ(3部)参戦を目指し、沖縄県浦添市を拠点に、中城村北中城村金武町西原町恩納村にて活動している。

練習グラウンドは、浦添市陸上競技場、北中城村しおさい公苑、金武町フットボールセンターがメイン。

トップチームのみならずユースチームも保有しており、JFA公認ライセンスを取得した女性スタッフ及び琉球デイゴス選手を中心に、サッカーを含めた様々な指導を行っている。

歴史[編集]

2015年[編集]

10月19日に、ブラジルのコリンチャンス下部組織にも在籍し、ブラジルやイタリアでプロサッカー選手として活躍し[1]、引退後はINAC神戸レオネッサにてユース(U-18)コーチを歴任した八木秀一が新監督に就任[2][3]。そして、沖縄県勢としては初の皇后杯出場を果たし、更にリーグ戦では九州女子サッカーリーグ2部への昇格も決めた[4]

2016年[編集]

3月14日、なでしこリーグや他の地域リーグなどから獲得した14人の新加入選手と、昨シーズンまで無かったユニフォームスポンサーを新たに発表した[4]。九州女子サッカーリーグ1部への昇格に向け、盤石なチーム体制を整えた。開幕以降、着実に勝ち星を重ね、4試合を終えて全勝。9月1日時点での順位は、得失点差で首位を維持。だが、12月10日の第13節、東海大学付属福岡高等学校と対戦し、1-5で敗戦[5]。連勝が止まってしまう。

翌日のリーグ最終戦第13節-2、九州共立大学を5-0で勝利。同日、1位の東海大学付属福岡高等学校が、3位のヴィクサーレ沖縄FCナビィータに1-5で敗れ、6勝1敗の成績で上位3チームが勝ち点で並んだ。この結果、得失点差で1位琉球デイゴス、2位東海大学付属福岡高等学校、3位ヴィクサーレ沖縄FCナビィータとなり、九州女子サッカーリーグ2部優勝と1部への昇格を決めた[6][7]。 

シーズンオフには、八木秀一監督、又吉浩樹コーチの契約満了が発表された[8][9]

2017年[編集]

2017年シーズンに向けて、ユースチーム監督およびトップチームのコーチとして當山司と新たに契約[10]。そして、日本女子代表で国際Aマッチ50試合の経験をもつと共に、千葉サッカークラブレディースの監督、東京国際大学女子サッカー部のコーチを歴任した山木里恵がトップチームの監督に就任する事になった[11]

開幕戦である東海大付属福岡高校との対決は3-0、第2戦の福岡女学院との対決は2-1でいずれも勝利した。最終的にリーグ戦を制したが、なでしこ・チャレンジリーグへの昇格に必要な資格を満たしていなかったためチャレンジリーグ入替戦には出場できず、2位となったヴィクサーレ沖縄FCナビィータが九州代表となった。

2018年[編集]

今シーズンより、全保連株式会社とのネーミングライツ契約によりチーム名を「全保連琉球デイゴス」に変更[12]。チーム名変更に併せて、シンガーソングライターの足立佳奈を応援リーダーに任命して「Day by Day」を今シーズンのテーマソングとしたほか、エフエムよみたんとメディアパートナー契約を締結し九州リーグのホームゲーム全試合をインターネットテレビで生中継することも発表された。

所属選手・スタッフ[編集]

2018年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
代表 神川大樹
GM 新垣勇太
監督 山木里恵 東京国際大学女子サッカー部コーチ
コーチ 翁長喬
コーチ 砂辺竜樹
コーチ 平田健吾
コーチ 岩井香寿美
トレーナー 上門優
トレーナー 比屋根剛

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 21 浅利真耶 ニッパツ横浜FCシーガルズ
DF 3 永野桃子 福岡J・アンクラス
4 藤野愛子 ディオッサ出雲F.C.
14 金城愛理 南葛SCウィングス
15 比嘉由里花 美里高校
16 山崎江利香 オルカ鴨川FC
17 阿部紗央厘 新潟医療福祉大学
19 平安山瑠衣 名護高校
MF 2 小林美優 Hesston College
5 金城奈苗 アンジュヴィオレ広島
6 白圡莉那 尚美学園大学
7 金城恵奈 ディオッサ出雲F.C. キャプテン
10 渡辺樹里 バニーズ京都SC
18 伊井清乃 バニーズ京都SC
23 ワタリ・ユキ FC琉球U-18
FW 8 青島雅 NGU名古屋FCレディース
9 中塚理加 golrira shizuoka
11 園村奈菜 伊賀フットボールクラブくノ一
13 赤嶺真子 小禄高校
20 大屋夏希 福岡J・アンクラス
22 具志堅玲奈 グランフォルティス沖縄

歴代所属選手[編集]

  • 比嘉 みさき (MF) : 2016年
  • 矢嶋 みずき (FW) : 2016年
  • 菊地 優花 (DF) : 2016年
  • 今井 唯 (DF) : 2016年
  • 大友 奈保 (FW) : 2016年
  • 栁沼 真歩 (DF) : 2016年
  • 豊口 美奈 (FW) : 2016年

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) 水色
GK(1st) グレー グレー グレー
GK(2nd) 黄色 黄色 黄色
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     赤、   

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
全保連 Zenhoren 2017年 - 2016年はパンツスポンサー
背中上部 日本トランスオーシャン航空 JTA
日本トランスオーシャン航空
2016年 - 2016年はJTA表記
背中下部 無し - -
無し - -
パンツ 無し - -

ユニフォームサプライヤー[編集]

  • 2014年 - 2015年:mitre
  • 2016年 : JOGARBOLA
  • 2017年 : Las Chicos

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2014 - - 解禁前 - - mitre
2015
2016 Orion JTA - ALSOK 全保連 JOGARBOLA
2017 Zenhoren JTA
日本トランスオーシャン航空
- - Las Chicos

※2016年に、企業スポンサーのロゴを入れるまで、胸部分にはデイゴスのチームロゴを入れていた。

脚注[編集]

  1. ^ “新生女子チーム、琉球デイゴス。世界を見てきたサムライ、八木秀一監督に聞く”. ライブドアニュース. (2016年3月5日). http://news.livedoor.com/article/detail/11260261/ 2016年11月13日閲覧。 
  2. ^ “新監督就任のお知らせ” (プレスリリース), 琉球デイゴス, (2015年10月19日), http://deigos.com/news/313/ 2018年10月9日閲覧。 
  3. ^ “女子サッカー琉球デイゴス 新監督に八木氏”. 沖縄タイムス+プラス ニュース. (2015年10月20日6時46分). http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/19970 2016年11月13日閲覧。 
  4. ^ a b 台風の目となるか!?なでしこ目指す琉球デイゴスが驚きの大型補強!”. サッカーなう (2016年3月17日). 2016年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月9日閲覧。
  5. ^ 【試合結果】九州リーグ第13節-1vs福岡高校”. 公式サイト (2016年12月10日). 2016年12月11日閲覧。
  6. ^ 【試合結果】九州リーグ最終戦第13節‐2vs九州共立大学”. 公式サイト (2016年12月11日). 2016年12月11日閲覧。
  7. ^ 【速報】デイゴス、逆転優勝で1部昇格 九州女子サッカー2部”. 沖縄タイムス (2016年12月11日). 2016年12月11日閲覧。
  8. ^ 【News】八木秀一監督 契約満了のお知らせ”. 公式サイト (2016年12月30日). 2018年10月9日閲覧。
  9. ^ 【News】又吉浩樹コーチ 契約満了のお知らせ”. 公式サイト (2016年12月30日). 2018年10月9日閲覧。
  10. ^ 【News】ユースチーム新監督就任のお知らせ”. 公式サイト (2017年1月23日). 2018年10月9日閲覧。
  11. ^ 【News】トップチーム新監督就任のお知らせ”. 公式サイト (2017年2月24日). 2017年2月27日閲覧。
  12. ^ “全保連株式会社とのネーミングライツ契約締結のお知らせ” (プレスリリース), 琉球デイゴス, (2018年3月26日), http://deigos.com/news/3284/ 2018年10月9日閲覧。 

出典[編集]