琉球大学委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

琉球大学委員会(りゅうきゅうだいがくいいんかい)は、琉球政府に置かれた行政委員会で、政府立大学となった琉球大学の適正な管理を行うことを目的としている。

1965年に制定された琉球大学管理法(1965年立法第103号)に基づき設置された。復帰時に廃止され、琉球大学は日本国国立大学となった。

委員の構成[編集]

以下の7人によって構成され、行政主席が任命した。

  • 学識経験者で立法院の同意を得た者(任期:4年) 5人
  • 中央教育委員会委員(任期:その職にある期間) 1人
  • 文教局長(任期:その職にある期間) 1人

職務権限[編集]

  • 琉球大学の管理に関する一般方針の決定
  • 琉球大学の設置及び管理に関する立法案を行政主席に提出すること
  • 琉球大学の職員の任免その他人事に関すること
  • 琉球大学に入学を許可すべき学生数の決定
  • 琉球大学予算見積りの承認
  • 琉球大学の授業料、登録料、検定料等の額の決定
  • 琉球大学の教育目的の用に供し、または用に供するものと決定した財産の取得、管理及び処分に関すること
  • 琉球大学の教育に関連した目的のための寄付募集の認可及び寄付金の受け入れに関する事項
  • 評議会の推薦に基づき学長を任命すること
  • その他法令によりその権限に属させられた事項

参考文献[編集]

  • 照屋栄一『沖縄行政機構変遷史 明治12年~昭和59年』照屋栄一、1984年

関連項目[編集]