琉球海溝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
琉球海溝の位置(赤線

琉球海溝(りゅうきゅうかいこう)は南西諸島の東方に分布しているフィリピン海プレート西縁に位置する海溝南西諸島海溝とも呼ばれる。

この付近では同プレートがユーラシアプレート沈み込んでいる。最深部は沖縄島南東沖7,507m。奄美大島および宮古島東方の海底の高まりで三つの部分に分けられており、中央部の海溝地形が最も明らかである。

なお、駿河湾の湾口から九州東方にかけて琉球海溝の北東端に繋がる海溝状の地形がみられるが、海溝よりも浅いトラフであり、南海トラフと呼ばれている。

巨大地震の発生[編集]

琉球海溝における地震は、この地域の歴史が浅く、12 - 13世紀頃から有史時代に入るため、歴史文献は少ない。記録が残っているものでは八重山地震など大津波を伴う歴史地震があり、この地震の震源は石垣島の南東沖約40km(北緯24.0度、東経124.3度)と推定されている。また、20世紀以降では喜界島地震 (Mw8.1) なども起きている。

一方、琉球海溝では数千年に一度、推定M9クラスの超巨大地震が発生する可能性があることも近年では指摘されている[1]。海底地殻変動の観測[2]によれば、測定用の海底局が沖縄本島から北西方向へ年間7cm移動していることから、推測される固着域(アスペリティ)は幅約30 - 50kmでプレート間カップリング領域が形成されていると固体地球惑星物理学の中村衛は主張している[3]。加えて、これには南海トラフの地震と連動する可能性もあるとされる(「連動型地震#琉球海溝を含む連動地震」も参照)。

この他、東日本大震災後に沖縄県が独自に見直しを進めた地震被害想定調査では、琉球海溝で最大規模となる3連動型地震(沖縄本島南東沖地震3連動)が起きた場合、M9クラスになる想定を示している[4]

2018年には琉球大学名古屋大学などの研究チームによる沖縄本島南東沖の琉球海溝沿い(海底2地点)の調査で、少なくても長さ130km、幅20 - 30kmに及ぶプレートの固着域があることが明らかとなった。このことから琉球海溝沿いの地域(沖縄を含む南西諸島)においても、南海トラフ沿いの地域などと同様に巨大地震津波が繰り返し起こる可能性のあることが指摘されている[5][6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2006年の琉球大学名古屋大学の研究による。AGU 2006 Subduction and the Necessity of Ocean-Bottom Crustal Deformation Measurements at the Ryukyus, Japan The Assumed Aseismic Subduction and the Necessity of Ocean-Bottom Crustal Deformation Measurements at the Ryukyus, Japan” (英語). AGU (2006年). 2011年3月20日閲覧。 AUG 2006 Fall Meeting T21F-03The Assumed Aseismic The Assumed Aseismic Subduction and the Necessity of Ocean-Bottom Crustal Deformation Measurements at the Ryukyus, Japanポスター (PDF)
  2. ^ 2007年から2009年にかけて琉球大学、名古屋大学、台湾中央研究院らの合同による海底地殻変動観測。 “「スロー地震」世界初確認/琉球海溝で琉大など/「巨大型」発生の可能性”. 沖縄タイムス (沖縄タイムス). (2009年10月9日). http://www.okinawatimes.co.jp/article/2009-10-09_3320/ 2011年3月19日閲覧。 [リンク切れ]
  3. ^ 南西諸島の沈み込みに伴い巨大地震が発生するのか? −海底地殻変動観測からの検証 Is the Ryukyu Subduction Zone in Japan coupled or decoupled? -The necessity of seafloor crustal deformation observation (PDF) 琉球大学, 中村衛 (2010年6月3日)
  4. ^ 津波死者1万1100人 沖縄県の地震被害想定 沖縄タイムス+ (2014年5月31日)
  5. ^ 沖縄本島南方沖で海溝型巨大地震を引き起こすプレート間の固着域を発見 名古屋大学、琉球大学、静岡大学 (2018年8月1日)
  6. ^ 沖縄でも巨大地震の可能性 琉球海溝で「固着域」を発見 朝日新聞デジタル (2018年9月26日)

関連項目[編集]

座標: 北緯26度20分 東経128度40分 / 北緯26.333度 東経128.667度 / 26.333; 128.667