琉球祖語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

琉球祖語(りゅうきゅうそご)とは、琉球語(琉球諸語)の諸方言(諸言語)の共通祖先にあたる言語(祖語)。日琉祖語を祖語とする日本語族は日本語派と琉球語派に分岐する。後に琉球語の諸方言に分岐した。

分岐年代[編集]

奈良時代以前に分岐したとの説が有力である。

トマ・ペラールは、琉球語派と日本語派の相違点がさほどないことや、琉球祖語の保存された音素から3世紀弥生時代末期から4世紀 - 7世紀古墳時代に分岐したのではないかとしている[1]。ただし琉球祖語が琉球地方に入ったのはグスク時代としており、日本語と 7・8 世紀以前に別れ、9~11世紀まで九州に在地しながら日本語と接触し強い影響を受けた後、琉球列島へグスク文化の一要素として移民によって伝播した、としている。

アレキサンダー・ボビンは、弥生文化の痕跡が沖縄に見えないことや、大城(1972)にある、琉球諸語と日本語の分岐は1557年前であるとの説は恐らく2257年前とみるべきであることなどから、琉球語派と日本語派の分岐を古墳時代ではないかとする[2]。 ※詳しくはこの項目ではなく「日琉祖語」を参照。

音韻[編集]

語彙[編集]

日琉祖語との対応[編集]

NCの変化[編集]

日琉祖語の単語には、語中に*-nk-, *-np-, *nt-, *-ns-を含むものがある(NC)。15世紀中国語朝鮮語の当時の資料ではそれぞれŋg, mb, nd, nzとして音写されているが、若干の例外が存在するため、

-NC[+voice]- > -C[+voice]-

という変化は15世紀の段階ですでに始まっていたものと考えられている[3][4]

母音[編集]

日琉祖語の母音*e, *oが保存されていたとみられている[1][4][5][6]

日琉祖語の*e, *oの対応
現代日本語 日琉祖語 琉球祖語 上代日本語
ヒル(ニンニク) *peru *peru pi₁ru
*piru *piru pi₁ru
*kusori *kusori kusuri
*{u|o}su *{u|o}su usu
*uma *uma uma
*omi *omi umi₁

脚注[編集]

  1. ^ a b トマ・ペラール. “日琉祖語の分岐年代”. 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ Vovin, Alexander (英語). 縄文時代から上代までの日本列島:言語は何語?. https://www.academia.edu/12980390/%E7%B8%84%E6%96%87%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%8B%E3%82%89%E4%B8%8A%E4%BB%A3%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%88%97%E5%B3%B6_%E8%A8%80%E8%AA%9E%E3%81%AF%E4%BD%95%E8%AA%9E_. 
  3. ^ アレクサンダー・ヴォヴィン (2012年8月7日). 琉球祖語の語中における有声子音の再建について. 
  4. ^ a b Lau, Tyler (2015). “Reevaluating the Diphthong Mergers in Japono-Ryukyuan” (英語). Proceedings of the Annual Meeting of the Berkeley Linguistics Society 41 (41). doi:10.20354/B4414110023. ISSN 2377-1666. https://escholarship.org/uc/item/2nc3w5b3. 
  5. ^ Thomas Pellard (2018年5月29日). “Ryukyuan and the reconstruction of proto-Japanese-Ryukyuan”. 2018年8月19日閲覧。
  6. ^ Thomas Pellard. “The linguistic archeology of the Ryukyu Islands” (英語). 2018年8月21日閲覧。

関連項目[編集]