琴似

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 北海道 > 札幌市 > 西区 > 琴似
琴似
大倉山から見た琴似とその周辺
大倉山から見た琴似とその周辺
琴似の位置(札幌市内)
琴似
琴似
琴似の位置
北緯43度04分34.18秒 東経141度18分11.18秒 / 北緯43.0761611度 東経141.3031056度 / 43.0761611; 141.3031056
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 西区
人口
2017年(平成29年)1月1日現在[1]
 • 合計 17,431人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
063-0811〜14
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌

琴似(ことに/Kotoni)は、札幌市西区の地名。

概要[編集]

琴似の地名の語源は、アイヌ語の「コッ・ネ・イ」(窪地になっている所)である。1872年(明治4年)、開拓使によって「琴似」と命名された。

現在の住居表示での「琴似」の他、旧琴似町に含まれていた琴似周辺地域も総称として「ことに」と呼ばれるが、近年では歴史的背景も薄れ、居住者も流入が激しく、正確に把握している人は少なくなりつつある。

現在、住居表示の琴似は、琴似1条1丁目から琴似4条7丁目まで存在する。該当する区域の旧地名は宮ノ下、本町、川添東、川添西。隣接している地区は、北はJR線を境に八軒、東は二十四軒、南は北5条手稲通(旧国道5号線)を境に山の手、西は琴似発寒川を境に発寒、北5条手稲通と琴似発寒川の交差地点の向かい側が旧手稲町である西町(旧手稲東)。尚、地名に残る八軒(はちけん)、二十四軒は入植した戸数に由来する。

札幌市西区役所庁舎

地域内にはJR北海道琴似駅札幌市営地下鉄琴似駅が存在するが、直結しておらず、約800mの距離がある。両駅を結ぶ形で地域の中心を屯田兵村時代からのメインストリートである琴似本通(北海道道276号琴似停車場線琴似栄町通)が通っている。この通りを中心に、西区役所、消防署医療機関病院商業施設金融機関ホテルマンションなどが林立している商業地域であり、札幌市でも有数の繁華街である。各種店舗の数および集中度は札幌市内ではすすきの地区に次いで多い[要出典]。また小路に入ると、古くからの民家も密集する住宅地でもある。

近年、大規模なマンションがいくつも建設され、またJR琴似駅周辺では再開発によって新しい商業施設が開業するなど、街並みが変化している。大型店・チェーン店の進出が徐々に進む一方で、閉鎖され空きテナントとなっているビルも見られるようになってきた。

地理・地形[編集]

昔の琴似川琴似発寒川扇状地の上に発達した市街地。札幌市中心部が豊平川扇状地の上に築かれているのと同じ。一見平坦な土地に見えるが、山側から八軒方面に向かって多少の傾斜がある。JR北海道琴似駅とを結び、商業施設が集中する琴似栄町通(西区琴似と東区栄町を結ぶ道路・琴似区間の通称は琴似本通り)をJR駅側から見ると建物が水平より高くなっていくのがわかる。この傾斜のせいでJR北海道琴似駅イトーヨーカ堂琴似店などは北東側と南西側のそれぞれの出口で一方は道から普通に入れるのに反対側は数段の階段になっていたりする。

北海道都市に多い碁盤目状都市区画だが、札幌市中心部と違い、琴似地区は東西南北に対して45度程度の傾きのある区画になっている。これは屯田兵村だったころの区画や鉄道線がその方向に走っているためでもあるが、八軒や二十四軒西野 (札幌市)西町など西区の大部分は琴似と同じ方向の区画になっている。琴似地区でも中心部の2条2丁目や3条3丁目~3条6丁目あたりまでは道が整理されておらず、内部には通り抜けのできない道路や変形した交差点がいくつか見られる。北海道の市街地にはこうした整理されない区画は珍しい[要出典]

歴史[編集]

  • 1857年頃から徳川幕府が家来を「作男」として、琴似・発寒地区で開拓させていた。現在の琴似付近を、当時はアイヌ人の先住民が、「コッ・ネ・イ」(窪地になっている所)と呼んでいた。和人はこれを聞いて「コトネ」と言っていた。
  • 1870年:北海道開拓使判官の島義勇が札幌の開拓に着手。
  • 1872年:北海道開拓使の役人により、「琴似」と定められた。小樽 - 札幌間の中継拠点となる。
  • 1873年:琴似村となり戸数58戸、人口228名。職業は主に農業、運搬業であった。黒田清隆により「屯田兵例則」が制定され、移住計画を策定。一戸あたり土地150坪とし、208戸を造成。
  • 1875年屯田兵が旧館県(北海道松前町)及び、青森、宮城、酒田の三県の士族で戊辰戦争に出た者を募集する。第一回の移住者は198戸・965名(青森49戸、宮城93戸、酒田8戸、他道内48戸)。5月14日、青森を通斉丸で発ち、16日に小樽に到着。その後、徒歩・馬等で入居。先に入植していた轟清吉らによる食事の用意に感動した。
  • 1876年:第2次屯田兵として琴似に3戸が移住。
  • 1877年:琴似小学校の前身となる、官立小学校開校。第一大隊屯田兵が西南戦争に出征。
  • 1880年4月21日:幌内鉄道(現JR、手宮 - 札幌間)開業。
  • 1882年:北海道開拓使廃止。琴似駅開業
  • 1895年:屯田兵が日清戦争に出征するも、参戦せず帰還。
  • 1900年:屯田兵募集中止。
  • 1902年:琴似郵便局開局。
  • 1904年:屯田兵条例廃止。
  • 1906年:屯田兵村としての役割を終え、二級町村制が施行され琴似村となる。
  • 1934年:札幌-小樽間に国鉄バスが開通。
  • 1942年:琴似村が町制施行し、琴似町となる。この時琴似町に所在した地名は、琴似、山の手、八軒、二十四軒、発寒、盤渓、宮の森、新川。
  • 1947年国勢調査、琴似町人口16,221人。
  • 1955年:琴似町が札幌市と合併(琴似町の名は住所に残される。住所表記の例:札幌市琴似(町)山の手4条2丁目1番地)。
  • 1967年:手稲町が札幌市と合併。
  • 1972年:札幌市が政令指定都市となり、区制施行。札幌市西区となる(この時は旧手稲町を含む)。西区役所が開設。
  • 1976年6月10日:地下鉄東西線の開通と共に地下鉄琴似駅(終着駅)が開業。
  • 1989年:西区から手稲区(旧手稲町の一部及び発寒の一部)が分区。この時に現在の住居表示に確定。
  • 1999年2月25日:地下鉄東西線琴似駅より宮の沢駅(終着駅)延伸開業。この影響により終着駅であった為の利便性・集客力が低下し、地下鉄琴似駅直結であるダイエー琴似店(現:イオン札幌琴似店)の売上げ減、紀伊国屋書店の撤退など、危惧されたことも多かった。
  • 2003年:琴似栄町通の拡張化、排雪溝工事。
  • 2004年:ヴェルビュタワー琴似(30階建てマンション)が完成。
  • 2006年2月ザ・サッポロタワー琴似(40階建てマンション、所在地は八軒)が完成。
  • 2009年9月:ラジェストタワー琴似(20階建てマンション)が完成。
  • 2013年10月プレミスト琴似スカイクロスタワー(40階建てマンション)が完成。
  • 2015年6月1日:豊多がエリア放送を開始[3]

住所[編集]

町丁 郵便番号
琴似1条1丁目~7丁目 063-0811
琴似2条1丁目~7丁目 063-0812
琴似3条1丁目~7丁目 063-0813
琴似4条1丁目~7丁目 063-0814

教育機関[編集]

保育園[編集]

  • (私立)琴似あやめ保育園 (琴似2条2丁目)

幼稚園[編集]

  • (私立)浄恩幼稚園(琴似3条6丁目浄恩寺)

平成21年閉園

小学校[編集]

  • 札幌市立琴似小学校(琴似2条7丁目)、(琴似中央小学校は西区八軒7条東1丁目)

中学校[編集]

なし(琴似中学校は西区山の手4条2丁目)

高等学校[編集]

なし(北海道札幌琴似工業高校は西区発寒13条11丁目)

周辺施設[編集]

商業施設[編集]

※「○○琴似」「琴似○○」と称していても琴似に存在しない(隣接する八軒・二十四軒・山の手地区に所在する)施設は多い。いずれもかつての琴似町内であり、たとえば現在の「西区八軒」は札幌市と合併したあと「琴似町八軒」や「西区琴似八軒」だったこと、などに由来している。

交通[編集]

地下鉄東西線琴似駅 (札幌市営地下鉄)(琴似1条4丁目)
JR北海道函館本線琴似駅 (JR北海道)(琴似2条1丁目)

エリア放送[編集]

株式会社豊多は、地上一般放送事業者として地上一般放送局の免許を取得[4]、「ことにTV」[5]の愛称でフルセグおよびワンセグ放送を実施している。

区内に地上一般放送局9局が設置[6]されている。

免許人 局名 呼出符号 物理チャンネル 周波数 空中線電力 ERP 業務区域
株式会社豊多 琴似テレビ1エリア放送 JOXZ1AH-AREA 36ch 611.142857MHz 10mW 10mW 札幌市西区琴似地域
琴似テレビ2エリア放送 JOXZ1AI-AREA 5mW 10mW
琴似テレビ3エリア放送 JOXZ1AJ-AREA 3mW 10mW
琴似テレビ4エリア放送 JOXZ1AK-AREA 5mW 10mW
琴似テレビ5エリア放送 JOXZ1AL-AREA 3mW 10mW
琴似テレビ6エリア放送 JOXZ1AM-AREA 4mW 10mW
琴似テレビ7エリア放送 JOXZ1AN-AREA 7mW 10mW
琴似テレビ8エリア放送 JOXZ1AO-AREA 4mW 10mW
琴似テレビ9エリア放送 JOXZ1AP-AREA 6mW 10mW

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年3月30日閲覧。
  3. ^ ことにTVとは(ことにTV) - ウェイバックマシン(2014年2月2日アーカイブ分)
  4. ^ 株式会社豊多にエリア放送の予備免許 — 琴似地域のエリア放送の実現に向けて — 北海道総合通信局 報道資料 平成27年5月11日(2015年6月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project
  5. ^ ことにTV
  6. ^ エリア放送を行う地上一般放送局の免許状況 北海道総合通信局 - 放送・有線放送(2015年6月2日アーカイブ) - 国立国会図書館Web Archiving Project

関連項目[編集]