瑛蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
えれん
瑛蓮
瑛蓮
2021年8月23日撮
生年月日 (1983-04-22) 1983年4月22日(38歳)
出生地 日本の旗 日本 京都府
身長 162 cm[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
事務所 テンカラット(2010年 - 2020年)
株式会社スピーディ(2021年 - )
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
ゆとりですがなにか
恋はつづくよどこまでも
テンプレートを表示

瑛蓮(えれん、1983年昭和58年〉4月22日 - )は、日本女優京都府出身。血液型はA型。元テンカラット所属、2021年5月から株式会社スピーディ所属。

出演[編集]

映画[編集]

短編映画[編集]

  • 第8回茅ヶ崎映画祭上映作品 江ノ島シネマ「海辺の迷子たち」(2019年6月15日 - 30日)

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

  • 危険なカンケイ(2013年7月1日 - 8月21日、BeeTV) - 近藤絵美 役
  • 踊る大空港、或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか。(2016年11月、ネスレシアター・スカイマーク機内)
  • 僕はまだ君を愛さないことができる 第13話 - 最終話(2019年11月18日 - 12月9日、FOD) - シュレイ 役

バラエティ番組[編集]

  • 大人のしがらみ劇場〜絶体絶命アンサー〜「恐怖のご祝儀袋」(2016年7月16日、ABC

舞台[編集]

  • “STRAYDOG”Produce「心は孤独なアトム」(2013年10月3日 - 6日、シアターグリーン BIG TREE THEATER)
  • “STRAYDOG”Produce「母の桜が散った夜」(2014年4月12日・13日、HEP HALL / 4月16日 - 20日、シアターサンモール
  • 劇団K助 第18回公演「タイムスリップ☆ファーザー」(2014年8月5日 - 10日、中野ザ・ポケット)
  • M&Opplaysプロデュース「水の戯れ」(2014年11月1日 - 16日、本多劇場 / 11月22日、シアター・ドラマシティ / 11月24日、名鉄ホール / 11月29日・30日、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ) - 林鈴 役
  • TAIYO MAGIC FILM第7回公演「ウェディングドレス2015」(2015年3月5日 - 15日、ウッディ・シアター中目黒)
  • ペール・ギュント(2015年7月11日 - 20日、KAAT神奈川芸術劇場ホール / 7月25日・26日、兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール)
  • シアターコクーン・オンレパートリー2015「青い瞳」(2015年11月1日 - 26日、Bunkamura シアターコクーン) - カオル 役
  • ネオゼネレイター・プロジェクト 2017「ノスタルジア〜あなたがいないあの場所で〜」(2017年7月19日 - 23日、下北沢「劇」小劇場)
  • スマッシュルームズ&SR「亡骸バスツアー」(2017年11月1日 - 7日、下北沢シアター711)[2]
  • 月刊「根本宗子」 第16号「愛犬ポリーの死、そして家族の話」(2018年12月20日 - 31日、本多劇場) - 長女 役[3]
  • 東京マハロ 第22回公演『「余白を埋める」-エリカな人々2019-』(2019年5月2日 - 6日、東京芸術劇場 シアターイースト
  • KAAT 神奈川芸術劇場プロデュース「ビビを見た!」(2019年7月4日 - 15日、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ)
  • 月刊「根本宗子」 第17号「今、出来る、精一杯。」(2019年12月13日 - 19日、新国立劇場 中劇場[4]
  • ひきこもりを考える「世界に一つだけの創 痛いいたいイタイITAI居たい!」(2020年11月24日、本多劇場)

CM[編集]

PV[編集]

  • 燃え殻『すべて忘れてしまうから』スペシャルPV(2020年6月26日)[5]

脚注[編集]

  1. ^ 瑛蓮”. テンカラット. 2017年1月29日閲覧。
  2. ^ “スマッシュルームズ&SR「亡骸バスツアー」棺桶を囲んで故人を偲ぶ旅”. ステージナタリー (ナターシャ). (2017年9月25日). https://natalie.mu/stage/news/250144 2020年3月25日閲覧。 
  3. ^ “村杉蝉之介が犬役を熱演、月刊「根本宗子」の「愛犬ポリーの死、そして家族の話」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2018年12月20日). https://natalie.mu/stage/news/313098 2020年3月25日閲覧。 
  4. ^ “清竜人ら出演「今、出来る、精一杯。」開幕に根本宗子「精一杯、努めます」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年12月13日). https://natalie.mu/stage/news/359362 2020年3月25日閲覧。 
  5. ^ “岡山天音らが出演する作家・燃え殻の最新作「すべて忘れてしまうから」のPVが公開”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年6月26日). https://thetv.jp/news/detail/236970/ 2020年7月26日閲覧。