瑞穂劇団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

瑞穂劇団(みずほげきだん)は、かつて存在した日本の劇団である。

概要

1942年2月、食糧増産を推進する農林省外郭団体農山漁村文化協会」専属の劇団として発足[1]。団長に信欣三、団員に宇野重吉、浮田左武郎、北林谷栄清水将夫三戸部スエ織賀邦江楠田薫浜田寅彦が所属した。1944年には永井智雄も入団した。地方公演は294回、東京公演3回[2]という盛んな活動を展開していたが、後に日本移動演劇連盟に加盟した[3]大政翼賛会の指導する食糧増産激励運動の下に農村を巡回した。1945年8月の敗戦後、解散し、団員は新協劇団俳優座などに加入していった。

関連文献

出典

  1. ^ 農文協:農文協のトピックス
  2. ^ 農文協再建初期の図書 1953
  3. ^ 法政大学大原社研_戦時中の新劇運動〔日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動216〕第五編 言論統制と文化運動 第五章 芸術運動 第一節 新劇
  4. ^ 記事登録ID 141856 国会図書館
  5. ^ 記事登録ID 2157496 国会図書館

今日は何の日(4月23日

もっと見る

「瑞穂劇団」のQ&A