瑞穂市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みずほし
瑞穂市
Ozu-kouen2008-1.jpg
瑞穂市旗 瑞穂市章
瑞穂市旗 瑞穂市章
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
市町村コード 21216-4
法人番号 6000020212164 ウィキデータを編集
面積 28.19km2
総人口 56,106[編集]
推計人口、2020年9月1日)
人口密度 1,990人/km2
隣接自治体 岐阜市大垣市本巣市安八郡安八町神戸町本巣郡北方町揖斐郡大野町
市の木
市の花 アジサイ(旧穂積町の花)
瑞穂市役所
市長
[編集]
森和之
所在地 501-0293
岐阜県瑞穂市別府1288番地
北緯35度23分30.5秒 東経136度41分27.1秒 / 北緯35.391806度 東経136.690861度 / 35.391806; 136.690861座標: 北緯35度23分30.5秒 東経136度41分27.1秒 / 北緯35.391806度 東経136.690861度 / 35.391806; 136.690861
瑞穂市役所
外部リンク 公式ウェブサイト

瑞穂市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示 ウィキプロジェクト
瑞穂市役所周辺の市街地

瑞穂市(みずほし)は、岐阜県南西部にあるである。岐阜地区に含まれる。

名古屋市岐阜市ベッドタウンとして人口が増加している[1]富有柿発祥の地である[2]

地名の由来[編集]

瑞穂」とは、古事記日本書紀に日本国の美称として、「葦がしげり、稲穂がみずみずしく育って、豊かな国」と解釈される「豊葦原之瑞穂国(とよあしはらのみずほのくに)」と現れるものである。

垂仁天皇の命を受けた倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大神を祀る地を求めて、美濃国の伊久良河宮(現在の瑞穂市居倉)にとどまり、その後、生津から川を下って伊勢に赴かれた伝説があり、その歴史的経緯から「瑞穂市」と決まった。[3]なお、名古屋市瑞穂区が先にあることや、旧町名の「穂積」も上記と同じ由縁であり、JRの駅名も旧町名による「穂積駅」であるので、「穂積市」と誤解されることもある。

地理[編集]

五六川
小簾紅園

地形[編集]

濃尾平野の北西部、岐阜市大垣市にはさまれた地域に位置し、岐阜地区に含まれる。なお呂久地区のみ揖斐川の右岸にある。これは明治時代まで揖斐川(伊尾川)が呂久の西を流れていた名残りで、現在でも小さな川が流れている。

河川[編集]

主な川

大小を問わず多くの河川がある。

人口[編集]

Population distribution of Mizuho, Gifu, Japan.svg
瑞穂市と全国の年齢別人口分布(2005年) 瑞穂市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 瑞穂市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

瑞穂市(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


隣接する自治体[編集]

岐阜県の旗岐阜県

歴史[編集]

古代[編集]

江戸[編集]

近現代[編集]

  • 1948年(昭和23年) - 穂積村が町制施行により穂積町となる。
  • 1954年(昭和29年)9月 - 川崎村、船木村、鷺田村の3村が合併し、巣南村誕生。
  • 1954年(昭和29年)11月 - 旧穂積町、本田村、牛牧村、生津村の一部が合併。新生穂積町誕生、
  • 1957年(昭和32年)7月 - 巣南村が宝江地区を編入。
  • 1964年(昭和39年)4月 - 巣南村が町制施行により巣南町となる。
  • 2003年平成15年)5月1日 - 本巣郡穂積町、巣南町が合併して瑞穂市が発足。発足時の人口は約4万8千人。旧穂積町役場に市役所がおかれた。

行政[編集]

市長[編集]

  • 市長:森和之(2019年6月1日就任、1期目)

歴代市長[編集]

氏名 就任日 退任日 備考
職務執行者 福野寿英 2003年5月1日 2003年6月1日 巣南町
初代 松野幸信 2003年6月1日 2007年5月31日 穂積町
2-3代 堀孝正 2007年6月1日 2015年5月31日 旧巣南町長
4代 棚橋敏明 2015年6月1日 2019年5月31日
5代 森和之 2019年6月1日

議会[編集]

市議会[編集]

瑞穂市議会
  • 定数:18名
  • 任期:2020年(令和2年)5月1日 - 2024年(令和6年)4月30日
  • 議長:広瀬武雄
  • 副議長:今木啓一郎
会派名 議席数 議員名(◎は代表)
新生クラブ 7 庄田昭人、藤橋礼治、松野貴志、◎若園五郎、今木啓一郎、松野貴志、馬渕ひろし
無所属の会 6 ◎森清一、森健治、北川静男、若原達夫、藤橋直樹、広瀬守克
その他諸派 5 若井千尋(公明党)、棚橋敏明(朱鷺の会)、杉原克巳(みずほ令和の会)、関谷守彦(日本共産党)、松野藤四郎(立憲民主党

施設[編集]

瑞穂市総合センター

警察[編集]

本部
交番
  • 穂積交番
  • 巣南交番

消防[編集]

本部
消防署
  • 瑞穂消防署
    • 巣南分署

医療[編集]

主な病院

図書館[編集]

郵便局[編集]

主な郵便局

公共施設[編集]

運動施設[編集]

  • 生津スポーツ広場

対外関係[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

2020年現在。瑞穂市に姉妹都市は存在しない。

国内[編集]

提携都市

経済[編集]

富有柿原木

第一次産業[編集]

農業[編集]

主な特産品

第三次産業[編集]

商業[編集]

主な商業施設

拠点を置く企業[編集]

生活基盤[編集]

ライフライン[編集]

電気[編集]

ガス[編集]

電信[編集]

市外局番
  • 呂久地区を除いて、058を使っている(呂久地区は0584と0585が使用される。)
これは、揖斐川を超えてしまうために隣接する大垣市の電話局を使用しているため。

教育[編集]

大学[編集]

私立

専修学校[編集]

私立

中学校[編集]

小学校[編集]

図書館[編集]

その他[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

市の中心となる駅:穂積駅

東海旅客鉄道(JR東海)
東海道本線:- 穂積駅 -
樽見鉄道
樽見線:- 横屋駅 - 十九条駅 - 美江寺駅 -

バス[編集]

路線バス[編集]

道路[編集]

国道[編集]

県道[編集]

架橋[編集]

主な架橋

出身著名人[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

伊久良河宮跡

名所・旧跡[編集]

主な城郭
主な寺院
主な神社
宿場町

観光スポット[編集]

文化・名物[編集]

祭事・催事[編集]

  • 美江寺宿場祭り - 毎年5月下旬の日曜。
  • 汽車まつり - 毎年8月第1土曜・日曜。

特産品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]