瑞芳区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中華民国 新北市 瑞芳区
別称:
新北市立黃金博物館FUJI6176.JPG
金瓜石・新北市立黄金博物館
地理
Taipei-zuihoutin.svg
位置 北緯25°07"
東経121°48"
面積: 70.7336 km²
各種表記
繁体字: 瑞芳區
日本語読み: ずいほう
漢語: Ruìfāng
通用: Rueìfāng
注音符号: ㄖㄨㄟˋ ㄈㄤ
片仮名転写: ルイファン
台湾語: Sūi-hong
客家語: Lui-fông
行政
行政区分: 市轄区
上位行政区画: 新北市
下位行政区画: 34里426鄰
瑞芳区長: 陳奇正
公式サイト: 瑞芳区公所
情報
総人口: 40,922 人(2016年1月)
世帯数: 16,127 戸(2016年1月)
郵便番号: 224
市外局番: 02
九份・竪崎路の町並み
水湳洞・黄金瀑布
黄金神社の遺跡
鼻頭角灯台

瑞芳区(ルイファン/ずいほう-く)は台湾新北市市轄区

地理[編集]

歴史[編集]

瑞芳の開発は清末の光緒年間に遡る。しかし鉄道が開通する以前の交通は水運が主体であったことから柑坪里に港が設けられ、台湾東部への中継地となっていた。

瑞芳が飛躍的な発展を遂げたのは。清代に金瓜石九份で金鉱が発見されてからである。瑞芳は鉱山の補給基地としての役割が与えられた。現在の柑坪里(旧名:柑仔瀬)には金山に向かう労働者向けの商店が立ち並び、その中の一つに店名を「瑞芳」という商店があった。金山労働者は柑仔瀬に向かう事を「瑞芳に行く」と表現していたことからこの一帯が瑞芳と称されるようになった。

行政区[編集]

地区
瑞芳 上天里、爪峰里、柑坪里、東和里、傑魚里、新峰里、龍川里、龍山里、龍安里、龍潭里、龍興里、龍鎮里
四脚亭 吉安里、吉慶里
猴硐 弓橋里、光復里、猴硐里、碩仁里
九份 永慶里、基山里、崇文里、福住里、頌徳里
金瓜石 石山里、瓜山里、新山里、銅山里
瑞浜 南雅里、海浜里、深澳里、瑞浜里、鼻頭里、濂洞里、濂新里

交通[編集]

種別 路線名称 その他
鉄道 宜蘭線 四脚亭駅 瑞芳駅 三貂嶺駅
省道 台62線 台2線
県道 102号線 106号線

教育[編集]

区分 名称
大学 0 -
高中 0 -
高職 1 国立瑞芳高級工業職業学校
国中 3 新北市立瑞芳国民中学
新北市立欽賢国民中学
私立時雨国民中学
国小 11 新北市立瑞芳国民小学
新北市立義方国民小学
新北市立瑞柑国民小学
新北市立瑞浜国民小学
新北市立九份国民小学
新北市立瓜山国民小学
新北市立濂洞国民小学
新北市立猴硐国民小学
新北市立瑞亭国民小学
新北市立吉慶国民小学
新北市立鼻頭国民小学

歴代区長[編集]

観光地[編集]