環境経済・政策学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
環境経済・政策学会
設立年 1995年12月
ウェブサイト http://www.seeps.org/

環境経済・政策学会(かんきょうけいざい・せいさくがっかい、: Society for Environmental Economics and Policy StudiesSEEPS)は、経済学政策学・関連諸科学を総合し、環境経済政策の関わりについて理論的・実証的な研究活動、ならびに国際的な研究交流を促進し、かつ会員相互の研鑚と親睦を図ることを目的に、1995年12月に設立された学会組織である。2005年3月1日現在の会員数は約1,300名(賛助会員27社)。

事業[編集]

  1. 研究報告会および講演会の開催
  2. 機関誌・図書の発行
    • 和文誌「環境経済・政策学会年報」
    • 英文誌「Environmental Economics and Policy Studies」
  3. 関連機関等との研究交流
  4. その他理事会で適当と認める事業

役員[編集]

  • 会長 1名
  • 副会長 2名
  • 理事 34名(うち常務理事7名)
  • 監事 2名

(2005年3月1日現在)

学会賞[編集]

環境経済・政策学会の会則第2条に定める目的達成を促進するため、会員による環境経済・政策分野の優れた業績、あるいは学会に顕著な貢献があった会員に学会賞を授与し、賞状および副賞として金一封を贈呈している。

  1. 学術賞 - 環境経済・政策分野の優れた論文あるいは著書に対する賞。毎年2件以内。
  2. 特別賞 - 環境経済・政策分野に顕著な貢献のあった者に対する賞。
  3. 奨励賞 - 原則として若手による、環境経済・政策分野の奨励に値する論文あるいは著書に対する賞。毎年5件以内。

関連項目[編集]